2013年9月16日月曜日

Le Canard Enchaine Tu me salis

サルコジ "Casse toi(うせろ)"
男 "Tu me salis(汚らしい)"
サルコジ大統領としての品格が問われた報道があった。

仏の国民性やパリ地域性、France2、Le Canard Enchaineの社風かはわか
らないが、身障者を引き合いに批判しているが、人権は健常者(?)のみに
あるのではなく、身障者にもある。優生学的人権(?)を主張しても、また
嘘をついていると思うだけだろう。

東電からも"Out of Contol"が発表され、Tokyo2020のカボチャの発表と
実際は異なることを多くの人は知っている。しかし、チェルノブイリ
事故で欧州がパニックになった事象とはだいぶ異なると思う。
仏では、チェルノブイリ原発事故発生時、日本の発表以上に徹底して、
情報を隠蔽した。SCPRIが空中線量も最大400倍、土壌からI131、Cs134、
Cs137等最大汚染地域では、1800倍を検出。警告も減らしたとの説もある。
その後、仏国内の被曝地域では、甲状腺がん、小児がん患者が増加。
国営会社の浄化処理装置の品質は最低レベルに加え、政治屋による人事。
植民地での核実験による人体実験を含め、仏はこんな国だったのかと思
う。

東電も日本政府、NRCも国民の多くから信頼を得ているとは言えないが、
現状では、その気になれば個人で放射性物質を検出レベルにあり、発表
された検査結果が正しいか検証できる環境にある。Tokyo2020が開催され
る地域の放射性物質の濃度が現在は異常と言う報告を見たことがない。
仏政府への不信を他国の政府と同一視するのは、内政干渉や人種差別で
はないのだろうか。

さらに、相撲の力士を使って尊敬できるとは思えない風刺画を書いた画
家は日本に言ったことがあるとのことだったが、どう見ても日本を理解
しているとは思えない。
相撲は、古来から、豊穣への祈願のため、神事相撲が開催された。
相撲は、宗教儀式の一面もあると言うこと。
風刺画と称して、宗教を嘲笑か。Hate Paintか。

皮膚感覚でしか表現できない風刺画を気に入る編集者。
Tu me salis。

米国では、安価なシェールガスに切り替え、廃炉を進める。
米国は、劣化ウラン弾や核兵器検査のために、他国から高濃縮ウランを
輸入。リスク低減か。

米国 高濃縮ウラン集結
仏核 人体実験で影響調査
仏 偽人権尊重派
原発施設の品質
French Cops killed the monster
Sarkozy Casse toi
ストロスカーン 和解金150万ドル
仏 表現の自由の範囲
Tokyo2020 欧州政治の反映か
核燃料税と廃炉会計を電気料金で回収か


Japan Condemns French Fukushima Cartoon on 2020 Olympics


---風刺画掲載の仏紙編集長、日本の謝罪要求は「理解できない」---
2013年 09月 13日 14:42 JST
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE98C04920130913

 [パリ 12日 ロイター] - 2020年の東京五輪開催と東京電力福島第1原発の汚染水問題を絡めた風刺画を掲載した仏紙の編集長が12日、ロイターの取材に応じ、日本から怒りの声が上がっていることについて「驚かされた」と述べ、謝罪の必要はないとの見解を示した。
 仏紙カナール・アンシェネに掲載された風刺画には、福島第1原発を背景に腕や脚が3本ある力士が土俵上で向かい合い、防護服を着たアナウンサーが「フクシマのおかげで、相撲は五輪競技となった」と実況している様子が描かれている。
 12日に会見した菅義偉官房長官は、在仏日本大使館を通して同紙に抗議する意向を示していた。
 これに対し、同紙のルイマリ・オロー編集長は、風刺画は誰かを傷つける意図で掲載したものではなく、日本の反応には「驚かされた」とコメント。「日本は謝ってほしいようだが、何について謝ればいいのか、私にはまったく理解ができない」と話した。


---安倍首相発言を否定---
2013.9.13 14:10
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130913/dst13091314130006-n1.htm

 東京電力の山下和彦フェローは13日の民主党会合で、福島第1原発の汚染水漏れ問題について「今の状態はコントロールできているとは思わない」との認識を示した。国際オリンピック委員会(IOC)総会で「状況はコントロールされている」と断言した安倍晋三首相を真っ向から否定した格好だ。
 民主党は13日午前、原発事故に関する対策本部(本部長・大畠章宏幹事長)会合を福島県郡山市で開催。資源エネルギー庁の中西宏典審議官は、山下フェローの発言を受け「今後はしっかりとコントロールできるようにする」と述べ、対策を急ぐ姿勢を強調した。
 大畠氏は会合後、記者団に「首相の責任問題もある。臨時国会召集を前倒しして国民に説明するよう求めたい」と表明した。民主党は首相発言の根拠を厳しく追及する構えだ。
 会合では、地元自治体や漁業関係者らの意見も聞いた。民主党は来週にも取りまとめる汚染水漏れの対策案に反映させて、首相官邸に申し入れる方針。


---核施設のサイバー対策強化求める IAEA、新計画を採択---
2013年9月13日 07時47分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013091301000927.html

 【ウィーン共同】国際原子力機関(IAEA)定例理事会は12日、世界中で高まる核テロの脅威に対応するため、原発など核施設へのサイバー攻撃対策を強化することを盛り込んだ2014~17年の「核セキュリティー計画」を採択した。
 核テロをめぐっては核施設の破壊や核物質の盗難のほか、コンピューターの遠隔操作で核情報が流出したり、制御システムが壊されたりする危険も出ている。IAEAはサイバー被害防止に向けた指針作りを進めるなど、世界の核保安体制の改善を目指す。


---米、シェールガス輸出認可…日本向け2件目---
2013年9月13日07時25分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20130912-OYT1T01599.htm

 米エネルギー省は11日、米ドミニオン社などが計画する液化天然ガス(LNG)の対日輸出事業を認可したと発表した。
 認可対象には、米国で生産が急増するシェールガスを含み、住友商事などが事業にかかわっている。LNGの日本向け輸出の認可は2件目で、2017年にも輸出が始まる見通しだ。
 米国産LNGの価格は、現在の日本の輸入価格よりも3~4割程度安いとみられる。火力発電向けの燃料費が負担になっている日本にとっては、電気料金の値下げや貿易赤字の縮小などが期待できそうだ。
 認可を受けたドミニオンは米メリーランド州で天然ガスの液化と輸出を計画しており、同省は1日あたり7億7000万立方フィート(LNG換算で約1万6000トン)を上限に輸出することを認めた。住友商事は年間230万トンのLNGを調達し、東京ガスに140万トン、関西電力に80万トンを供給する予定だ。


---汚染水風刺画の仏紙「謝罪しない」 日本大使館は抗議---
2013.9.12 21:45
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130912/erp13091221460005-n1.htm

 フランスの週刊紙カナール・アンシェネが2020年夏季五輪の東京開催と東京電力福島第1原発の汚染水漏れを関連づけた風刺画を掲載した件で、同紙のルイマリ・オロ編集長は12日、ラジオ局のインタビューで「謝罪するつもりはない」と述べた。
 同日午前には、在フランス日本大使館の藤原聖也臨時代理大使がオロ氏に電話で「東日本大震災の被災者の心情を傷つけるものであり不適切で遺憾」と抗議。大使館によると、オロ氏は「そういう意図はなかった」などと釈明したという。大使館は同様の内容の書簡も近く送達する。
 しかし、オロ氏はインタビューで「(風刺画は)誰かを傷つけるものではない」と明言。さらに「日本政府の反応に当惑している。問題の本質は東京電力の(汚染水などの)管理能力のなさにあり、怒りを向けるべき先はそちらだ」などと話した。カナール・アンシェネ紙は11日付の紙面で、腕や脚が3本ある力士などを描いた風刺画を掲載。(共同)


---核燃施設の基準案まとまる 規制委、過酷事故対策を要求---
2013年9月11日 19時12分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013091101001698.html

 原子力規制委員会は11日、青森県六ケ所村にある日本原燃の使用済み核燃料再処理工場など核燃料施設の新規制基準案をまとめた。原発と同様、過酷事故対策を義務付け、地震、津波対策を強化した。国民から意見公募した上で正式に取りまとめ、12月18日までに施行する。
 再処理工場や燃料加工施設では、高レベル放射性廃液の冷却が停止して放射性物質が放出される事故や水素爆発、臨界事故などを想定した対策を新たに要求。冷却に使う注水設備の強化や、臨界を止める中性子吸収剤の準備を求めた。航空機落下やサイバー攻撃などテロ行為への対策も盛り込んだ。
(共同)


---Outrage in Japan at French cartoon linking Fukushima disaster to 2020 Olympics---
Published time: September 12, 2013 18:47
http://rt.com/news/fukushima-french-cartoon-japan-788/

Japan’s government has voiced anger over two cartoons published by a French newspaper depicting sumo wrestlers with extra limbs in front of a crippled Fukushima nuclear plant and a radioactive pool, linking them to the 2020 Tokyo Olympics.

"This cartoon hurts the feelings of those who suffered through the great east Japan earthquake," Japan’s Chief Cabinet Secretary Yoshihide Suga said at a press briefing on Thursday.

He referred to the March 2011 earthquake that triggered a tsunami which damaged three of the Fukushima plant’s reactors. The incident led to a nuclear disaster with the plant accumulating radioactive water ever since. The disaster forced the evacuation of about 160,000 residents within 20 km of the plant, and thousands more just outside the official contamination zone made their own decision to flee

An official complaint will be lodged with the weekly paper Le Canard Enchaine through the Japanese Embassy in France, the government spokesman added.

One of the cartoons carried in the satirical newspaper on Wednesday showed two sumo wrestlers with extra legs and arms competing in front of the crippled nuclear plant with a sign reading "Marvelous! Thanks to Fukushima, sumo is now an Olympic sport."

 Another cartoon showed people in protective costumes conducting radiation tests by the side of a pool saying "There is already a pool in Fukushima for the Olympics."

"It is inappropriate and gives a wrong impression of the Fukushima contaminated water issue. It is extremely regrettable," the Japanese government spokesman said.

Tokyo won the right to host the 2020 Olympics on Saturday, beating Madrid and Istanbul, despite the issues concerning the level of contamination at the crippled nuclear plant some 230 kilometers north of the capital.

The Japanese Prime minister has reassured the International Olympic Committee that the situation was "under control" and that he would be personally responsible for a plan to cope with the consequences.

According to recent revelations, the tritium level in groundwater near the wrecked plant has soared more than 15 times in just three days, the Fukushima operator Tokyo Electric Power Company (TEPCO) admitted on Thursday. In August the operator reported that 300 tons of highly radioactive groundwater was leaking into the Pacific Ocean daily. In a study published in the August edition of journal Deep-Sea Research 1 scientists predicted that the contaminated plume of water will likely reach US coastal waters in early 2014. Meanwhile, South Korean regulators have already banned the import of 50 fishery products from eight Japanese prefectures. 

The publishing of the cartoons comes amid rising concerns about the situation at the crippled plant. A similar development last year involved TV channel France 2's "We're not lying" program. The country's public broadcaster depicted a composite picture of Eiji Kawashima, the goalkeeper of the Japanese national soccer team, with four arms. The show explained that it was the "Fukushima effect" that had allowed Kawashima to make a winning save in a game between the two nations. French Foreign Minister Laurent Fabius and the national broadcaster have reportedly apologized for the joke.


---Japan voices anger over French cartoons that use Fukushima disaster to mock Olympics decision---
By North Asia correspondent Mark Willacy, wires
Updated Thu 12 Sep 2013, 6:20pm AEST
http://www.abc.net.au/news/2013-09-12/japan-protests-french-fukushima-cartoons/4954462

Japan says it will lodge a formal complaint with France over newspaper cartoons that poked fun at the decision to award the 2020 Olympics to Tokyo despite the ongoing Fukushima nuclear crisis.

Satirical weekly Le Canard Enchaine has published a cartoon depicting two sumo wrestlers, each with an extra leg or arm, facing off with the crippled Fukushima nuclear plant in the background.

In the foreground an announcer says: "Thanks to Fukushima, sumo is now an Olympic sport."

Another cartoon shows two people standing in front of a pool of water while wearing nuclear protection suits and holding a Geiger counter, saying water sport facilities had already been built at Fukushima.

Japanese government spokesman Yoshihide Suga says the satirical jabs give the wrong impression about Japan and are offensive to victims of the 2011 earthquake and tsunami.

"These kinds of satirical pictures hurt the victims of the disaster," he told a news conference.

"This kind of journalism gives the wrong impression about the waste water problem."

The government has repeatedly claimed the accident and its waste water problem are under control and should not affect the Olympics.

Mr Suga says Japan will formally complain to the French embassy in Tokyo.

While no-one is officially recorded as having died as a direct result of the radiation released by the triple meltdowns at Fukushima, tens of thousands of people were forced to leave their homes. Many may never be able to return.

Unlike many European countries, Japan does not have a vigorous tradition of satire. Its cultural emphasis on the importance of social harmony also discourages public ridiculing of others.


---Japan upset at French magazine's Fukushima cartoon---
By AFP
9:06AM BST 12 Sep 2013
Edited by Chris Irvine
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/japan/10303839/Japan-upset-at-French-magazines-Fukushima-cartoon.html

Japan has expressed its anger over cartoons published in a French newspaper that lampooned the decision to award the 2020 Olympics to Tokyo despite the ongoing nuclear crisis at Fukushima.

 Satirical weekly Le Canard Enchaine published a cartoon depicting sumo wrestlers with extra limbs competing in front of a crippled nuclear plant, which said the disaster had made it a feasible Olympic sport.

Another cartoon showed two people standing in front of a pool of water while wearing nuclear protection suits and holding a Geiger counter, saying water sport facilities had already been built at Fukushima.

Chief Cabinet Secretary Yoshihide Suga said the satirical jabs give the wrong impression about Japan. The government has repeatedly claimed the accident and its waste water problem are under control and should not affect the Olympics.

Japan is traditionally sensitive to opinions about it expressed in foreign media and has been angered that a crisis that brought such human tragedy has become the subject of caricature.

"These kinds of satirical pictures hurt the victims of the disaster," Suga told a news conference.

"This kind of journalism gives the wrong impression about the waste water problem," he said.

The government will officially lodge a protest with the French weekly, Suga said.

The incident comes after similar case less than a year ago in which French media made light of the nuclear disaster and its effects.

TV channel France 2's "We're not lying" programme showed a doctored photo of Eiji Kawashima, the goalkeeper of the Japanese national football squad, with four arms.

The show explained that it was the "Fukushima effect" that had allowed Kawashima to keep goal so effectively in Japan's shock defeat of France.

The station later expressed its regret for the gag and French Foreign Minister Laurent Fabius reportedly apologised.

While no one is officially recorded as having died as a direct result of the radiation released by the triple meltdowns at Fukushima, tens of thousands of people were forced to leave their homes. Many may never be able to return.

Unlike many European countries, Japan does not have a vigorous tradition of satire. Its cultural emphasis on the importance of social harmony also discourages public ridiculing of others.

0 コメント: