2013年9月19日木曜日

Statoil Report

アルジェリア人質事件でスタトイルの報告書が発表された。
 アルジェリアの天然ガス施設で今年1月に起きた人質事件で、日本人10人
と共に従業員が犠牲になったノルウェーのエネルギー大手スタトイルは、
調査報告書を発表した。「予期せぬことで攻撃は防げなかった」とする
一方で、アルジェリア軍に警備を依存しすぎたため、襲撃の可能性に対す
る想像力が欠如していたと結論づけた。

報告書
In Amenas investigation report - 28 MB
・全88ページ。
・どんな軍隊でも、強い決意を持ったテロリストからの完全な保護を
 保障できない。
・予期せぬ前代未聞のことだったが、攻撃は全く想像できないとすべき
 ではなかった。
・政情不安な地域での安全対策を強化するよう勧告。
・犯人の動機
 隣国マリに軍事介入を行う仏軍に対し、アルジェリア政府が領空通過
 を許可したことへの報復のため アルジェリア政府に打撃を与えつつ、
 イスラム過激派の大義を世界に宣伝し、身代金を得るのが狙い。

モフタール・ベルモフタール
・イスラム聖戦士血盟団司令官 男性 40歳前後
・別名 ミスター・マールボロ
・カダフィ政権崩壊後にリビアを訪れ、現地のイスラム過激派組織との
 関係を樹立。1年前のリビア・ベンガジの米領事館襲撃事件でも何らか
 の役割を果たした可能性がある。
・ビデオには、欧米諸国への攻撃を予告する場面も収録。

軍隊並みの兵器を持つテロリストが強い意志をもった時、完全な保護を
保障できないとの報告。邦人保護で陸上輸送が認可することになれば、
米国のように派遣先も死亡理由もわからず、遺体も一部しかない殉職者
が増加し、殉職者の親族を含め、政府への不信は広がる。
徴兵制度を採らなくても、経済的格差を広げることで、人員確保。
以前、米国の数年後を進む日本といわれたが、また同じ道を進むのか。

TRT-2
欧州 身代金8900万ドル支払い済み
自衛隊法改正案 陸上輸送
アルジェリア人質事件 有識者懇報告書
内調 諜報員養成へ


---アルジェリア人質事件、「軍に警備依存」 被害企業の報告書---
2013.09.13 Fri posted at 12:30 JST
http://www.cnn.co.jp/world/35037200.html

 (CNN) アルジェリアで今年1月に日本人を含む30人以上が死亡した天然ガスプラント襲撃事件で、ノルウェーのエネルギー大手スタトイルは12日、調査報告書を発表し、警備上の不備と警備を任されていた軍に襲撃への備えがなかった点が事件を招いた2大要因だったと指摘した。
 事件ではスタトイルの従業員も人質となり、うち5人が死亡。報告書によれば、ガスプラントに関わっていた企業はいずれも、これほど大規模な集団による襲撃を予想していなかったという。
 また報告書によれば、企業側は警備をアルジェリア軍に過度に依存していた。だが軍は「襲撃犯が接近しているのに気づくことも、それを阻止することもできなかった」
 天然ガス施設は英エネルギー大手BPとスタトイル、そしてアルジェリア国営エネルギー企業ソナトラックが共同で操業していた。
 報告書は「テロ攻撃は予想外の事件だった」としつつ「これは今日、スタトイルのような企業が深刻な安全上の脅威に直面していることをはっきり示している」と指摘。
 また報告書は、襲撃に対して異なる対応を取ったとしても同じような被害が出ただろうとする一方で、施設が今回のような大規模な襲撃に対応できるように設計されていなかった点を教訓として挙げている。
 アルジェリア当局は事件について、隣国マリに軍事介入を行うフランス軍に対し、アルジェリア政府が領空通過を許可したことへの報復だったとみている。当時マリではイスラム系武装組織による紛争が起きていた。
 同事件では、イスラム過激派組織「イスラム聖戦士血盟団」のモフタール・ベルモフタール司令官が犯行声明をだし、首謀者とされている。


---「警備、軍に頼りすぎた」 アルジェリア人質事件報告書---
2013年9月13日5時49分
http://www.asahi.com/international/update/0912/TKY201309120426.html

 【ロンドン=伊東和貴】アルジェリアの天然ガス施設で今年1月に起きた人質事件で、日本人10人と共に従業員が犠牲になったノルウェーのエネルギー大手スタトイルは12日、調査報告書を発表した。「予期せぬことで攻撃は防げなかった」とする一方で、アルジェリア軍に警備を依存しすぎたため、襲撃の可能性に対する想像力が欠如していたと結論づけた。
 報告書は全88ページ。施設が密入国の容易な国境地帯に近いことから、「どんな軍隊でも、強い決意を持ったテロリストからの完全な保護を保障できない」と指摘。「予期せぬ前代未聞のことだったが、攻撃は全く想像できないとすべきではなかった」とし、政情不安な地域での安全対策を強化するよう勧告した。
 犯人の動機は、アルジェリア政府に打撃を与えつつ、イスラム過激派の大義を世界に宣伝し、身代金を得る狙いだった、と分析した。事件では、日本のプラント大手「日揮」の社員を含む約40人の外国人が死亡した。


---アルジェリア人質事件の首謀者、活動再開か---
2013.09.12 Thu posted at 12:02 JST
http://www.cnn.co.jp/world/35037136.html?tag=mcol;relStories

 (CNN) アルジェリアで今年1月に邦人を含む30人以上が死亡した天然ガスプラント襲撃事件で、事件後逃亡していた首謀者と見られる男が生存していることが12日までに分かった。事件の犯行声明を出したイスラム過激派組織「イスラム聖戦士血盟団」が指導者であるモフタール・ベルモフタール司令官が登場するビデオを公開した。
 ベルモフタール司令官はアルジェリア出身。近年はマリ北部を拠点に、誘拐や密輸のほかテロ活動に手を染めていた。たばこの密輸を行っていたことから「ミスター・マールボロ」の異名もある。年齢は40歳前後とみられる。
 ベルモフタール司令官は襲撃事件後の3月、マリに軍事介入したフランス軍によって負傷または殺害されたとも言われていた。だが、このたび公開された51分間のビデオに映った姿からは、けがの影響はうかがえない。
 ビデオには、マリの隣国ニジェールで5月に起きたウラン鉱山と軍施設の爆破テロ事件に向けた準備をしている男たちの様子も収録されている。
 ベルモフタール司令官は「兄弟たちよ、決意と力を振り絞ってやつらの拠点を打ち倒し、その軍隊を傷つけるよう努力せよ」と激励。新人にロケット弾の使い方を教えているような場面もある。
 CNNの取材によれば、ベルモフタール司令官はカダフィ政権崩壊後にリビアを訪れ、現地のイスラム過激派組織との関係を樹立。1年前のリビア・ベンガジの米領事館襲撃事件でも何らかの役割を果たした可能性があるという。
 今回のビデオにはベルモフタール司令官の副官が、欧米諸国への攻撃を予告する場面も収録されていた。専門家は今後、サハラ地域で欧米人を標的にしたさらなる襲撃が起きる可能性を指摘している。


---Algerian gas plant siege: Military's role questioned---
12 September 2013 Last updated at 13:40 GMT
http://www.bbc.co.uk/news/world-africa-24064143

The oil firms running the Algerian gas plant attacked by Islamist militants in January relied too heavily on the army for protection, an inquiry by one of the companies, Norway's Statoil, says.

Almost 800 people were at the In Amenas facility when heavily armed militants entered at dawn on 16 January 2013.

"The Algerian military were not able to detect or prevent the attackers from reaching the site," Statoil said.

In total 40 workers and 39 militants died during the three-day siege.

BBC World Affairs correspondent Richard Galpin says the attack was one of the worst in the history of the oil and gas industry.
Guards not armed

The gas facility, in the Sahara desert near the town of In Amenas in eastern Algeria, is a joint venture run by Statoil, the British company BP and the Algerian state energy firm Sonatrach.

"The terror attack against In Amenas was an unprecedented attack. It clearly demonstrates that also companies like Statoil today face serious security threats," said Statoil investigation leader Torgeir Hagen in a statement.

The militants from the Signed in Blood Battalion were able to cross the border from Libya into Algeria and then continue through the desert to the gas plant without detection.

Within 15 minutes the militants had taken control, taking many of the foreign workers hostage.

The private security guards at the plant were not armed, our correspondent says.

"Security measures at the site were not constructed to withstand or delay an attack of this scale, and relied on military protection working effectively," Statoil said its 78-page report concludes.

"Neither Statoil nor the joint venture could have prevented the attack, but there is reason to question the extent of their reliance on Algerian military protection," it said.

"Neither of them conceived of a scenario where a large force of armed attackers reached the facility."

The siege ended when Algerian forces launched a raid to retake the facility.

Statoil says it has not had its own employees stationed at In Amenas since the attack.


---Statoil Questions Reliance on Military in Report on Algerian Attack---
Updated September 12, 2013, 12:54 p.m. ET
40 Died in January Attack on In Amenas Gas Plant
http://online.wsj.com/article/SB10001424127887324549004579070672384838330.html

OSLO-Senior executives at Statoil ASA said flawed security capabilities and a lack of imagination led the Norwegian oil company to overly rely on Algerian military personnel that proved unable to defend the In Amenas gas plant, which was attacked in January by terrorists who killed 40 people.

The comments are a rare admission of vulnerability for Statoil, which on Thursday disclosed results of an internal investigation into the In Amenas incident that took the lives of five of its employees and put the company on the global stage. The investigation also criticized the strategy of relying on military forces to safeguard strategic facilities.

The In Amenas facility is a joint venture between Statoil, BP PLC and Algeria's Sonatrach. BP said there are many questions arising about the January incident that it "is not in a position to answer." But it said, "This was an unprecedented and unimaginable attack" that came absent of prior threats or warnings.

Statoil's report also said that although the attack was unforeseen and unprecedented, it "should not have been entirely inconceivable." Statoil's investigators questioned the high degree of trust placed in military forces as well, even though In Amenas is located in a military zone under control of Algerian forces.

Nearly 800 people were at In Amenas at the time of the attack. Internal BP reports in 2011 and 2012 cautioned BP's staff that the killing of Osama bin Laden could give rise to new threats from al Qaeda offshoots in Africa, but a January 2012 report didn't mention Algeria as a top threat.

In an interview, Statoil Chief Executive Helge Lund also said his company "should have paid closer attention to" just how effective the Algerian military would be in preventing a fatal hostage scenario. "We are going through a very extensive program to strengthen security in our operational plants, and it's part and parcel that we'll spend more money on that."

Mr. Lund, who played a highly visible role while the hostage incident was taking place in January, said it had affected him strongly on a personal level, and called the attack "a tragedy for those affected and a dramatic incident in Statoil's history."

The oil sector in the Middle East and North Africa has long been a target of small-scale sabotage and kidnappings, but the unprecedented scale of the In Amenas attack has forced global oil giants to rethink security even if it means higher costs. French oil major Total SA said in May it increased its security in the Middle East following the attack.

Statoil has recently exited Egypt and there are no Statoil employees in Libya currently. The company hasn't had any employees at In Amenas since the attack and is considering whether to return its workforce to the site. The same is true for operations at the In Salah and Hassi Messaoud plants.

Statoil commissioned Torgen Hagen, a well-known security expert in Norway, to conduct the investigation. Mr. Hagen is the former head of the Norwegian Intelligence Service and was also a member of a government-appointed commission which criticized Norway's preparedness after Anders Behring Breivik's bomb attack and shooting spree that led to 77 deaths in July 2011.

Mr. Hagen said that Statoil, much like the government, has a leadership culture where security isn't given top priority, and his report suggested there is a lack of imagination to expect the unexpected. The findings were submitted in a 78-page report compiled after interviews with 136 people. Nineteen recommendations, including electronic and protective improvements at the In Amenas plant, were made.

0 コメント: