2013年10月3日木曜日

UK White Widwow

英国の白い未亡人が国際手配された。
 ICPOは、首都ナイロビでショッピングモール襲撃事件が起きたケニアの
要請を受け、英国人女性サマンサ・ルスウェイト容疑者(29)を国際手配し
た。

ナイロビ郊外ショッピングモール襲撃事件
・少なくとも民間人61人と治安要員6人が死亡。
 実行犯の5人が殺害され、11人が事件に関与した疑いで拘束。
・ソマリアを拠点とするアルシャバブが犯行声明を出した。
 指導者Ahmad Abdi Godaneが命令したとの見方。
・米政府当局者は、実行犯グループが襲撃前にモール内に武器類を隠し
 ていたり、店舗を借りて襲撃の拠点にしていた可能性がある。
・襲撃犯がモール内の見取り図を入手、従業員、モール関係者用の通路、
 階段や換気システムの位置を把握していた。

白い未亡人
・Samantha Lewthwaite 29才 女性 英国生まれ。
・英南部育ち、10代でキリスト教からイスラム教に改宗。
・2005年ロンドン同時爆弾テロ(アルカイダが犯行声明)の死亡した実行犯
 の元妻。テロで52人が死亡。
・2011年12月 ケニア政府は、モンバサでの爆弾テロ計画で指名手配。
・ICPOの手配
 爆発物の所持の容疑で、身柄拘束とケニアへの引き渡しを要求。
・モール襲撃事件で武装集団(アルシャバブが犯行声明)に関与の疑惑。
 ケニアに滞在か。
・東アフリカのアルシャバブや他のイスラム過激派組織やアルカイダとの
 パイプ役説。

最近のイスラム原理主義者は、布教や主張ではなく、他宗教を排除して
いるようだ。コーランの一節を言えなければ即射殺のようで、宗教弾圧
そのもの。

ショッピングモール襲撃事件では、施設や警備等の下調べを十分に行った
とのことだから、ただの殺人集団。欧米人を誘拐して、兵器購入資金を
確保。理由を付けて、殺人を楽しむ集団か。

オバマドクトリン
Statoil Report
欧州 身代金8900万ドル支払い済み


 From Home Counties prom queen to world's most wanted woman How the 'White Widow' was obsessed with I


Worldwide Alert for 'White Widow'


---「白い未亡人」国際手配 ケニア襲撃 ロンドンテロ犯の元妻---
2013年9月28日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2013092802000095.html

 【ロンドン=石川保典】国際刑事警察機構(ICPO)は二十六日、首都ナイロビでショッピングモール襲撃事件が起きたケニアの要請を受け、英国人女性サマンサ・ルスウェイト容疑者(29)を国際手配した。同容疑者は五十二人が死亡した二〇〇五年ロンドン同時爆弾テロの実行犯の元妻。
 ケニア政府は、一一年十二月に発覚したケニア南部モンバサでの爆弾テロ計画で同容疑者を指名手配している。ICPOの手配は加盟国に身柄拘束とケニアへの引き渡しを求めている。
 同容疑者は黒い毒グモの一種「Black Widow(黒い未亡人)」と重ね合わせて「白い未亡人」の異名で知られる。モール襲撃事件では武装集団に白人女性が含まれているとの情報から関与が浮上したが、真相は依然不明だ。東アフリカのイスラム過激派組織と国際テロ組織アルカイダとのパイプ役といわれる。


---ケニア:テロ襲撃 「白い未亡人」 今も国内に潜伏中---
毎日新聞 2013年09月28日 02時30分(最終更新 09月28日 03時35分)
http://mainichi.jp/select/news/20130928k0000m030130000c.html

 【ナイロビ服部正法】ケニアの首都ナイロビで起きたテロ襲撃事件で、ケニア情報当局関係者は26日、イスラム過激派を支援し「白い未亡人」の異名を持つ英国出身の白人女性、サマンサ・ルスウェイト容疑者(29)が事件に関与し、今も国内に潜伏中とみて捜査していると明らかにした。同容疑者は治安部隊の制圧作戦で死亡したとの情報もあるが、国際刑事警察機構(ICPO)はこの日、ケニア政府の要請を受けて別の事件でルスウェイト容疑者を国際逮捕手配した。
 ケニアの情報当局関係者は、毎日新聞の取材に同容疑者が襲撃事件に関与した疑いが強いとの考えを示した上で「サマンサ(ルスウェイト容疑者)は生きており、ケニアにいる」と明言し「行方を全力で追っている」と述べた。
 ICPOによると、国際手配の直接の容疑は爆発物の所持など。ケニア警察は昨年、ルスウェイト容疑者がケニアでテロ攻撃を企てたグループに関係していたとして、逮捕状を取っていた。このグループに資金提供していたらしい。
 また、今回の事件では隣国ソマリアのイスラム過激派で国際テロ組織アルカイダと連携するアルシャバブが犯行声明を出したが、同容疑者はこの組織とも関係があるとみられている。
 ルスウェイト容疑者は英南部で育ち、10代でキリスト教からイスラム教に改宗。夫は2005年のロンドン同時爆破テロの容疑者の一人で、テロの際に死亡した。アルカイダが犯行声明を出した。ルスウェイト容疑者はその後アフリカに渡り、専門家の分析では、ケニアなどでアルシャバブと他のイスラム過激派を結ぶネットワーク作りや過激派の資金作りを担った疑いがある。過激派ネットワークでは幹部と推定される。
 ナイロビのテロは21日正午ごろ発生。武装集団が侵入し、銃を乱射し買い物客らを攻撃した。


---「白い未亡人」を国際手配 ケニアの要請でICPO---
2013.9.27 01:03
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130927/mds13092701030000-n1.htm

 国際刑事警察機構(ICPO)は26日、ショッピングモール襲撃事件が起きたケニアの要請で、「白い未亡人」と呼ばれる英国人の女(29)について、加盟各国に身柄拘束の協力を求める「国際逮捕手配書」(赤手配書)を発行したことをウェブサイトで明らかにした。
 女は白人のサマンサ・ルースウェイト容疑者。ケニア当局が別の事件に絡み、爆発物所持などの疑いで逮捕状を出していた。今回の国際逮捕手配書は、爆発物所持などに基づいて発行された。
 同容疑者の夫は、2005年のロンドン同時テロの4実行犯の1人で、テロで自爆死した。同容疑者はイスラム過激派のテロ活動を支援していたとされる。
 襲撃事件では、実行犯の中に女がいたとの目撃情報が複数出ている。
 同容疑者は、南アフリカの偽造パスポートを所持している疑いも持たれている。(共同)


---襲撃犯、モール内部に武器隠匿や店舗「賃借」か ケニア---
2013.09.26 Thu posted at 17:32 JST
http://www.cnn.co.jp/world/35037694.html

 ナイロビ(CNN) ケニアの首都ナイロビ郊外のショッピングモールで起きた襲撃事件で米政府当局者は26日までに、実行犯グループが襲撃前にモール内に武器類を隠していたり、店舗を借りて襲撃の拠点にしていた可能性があるとの見方を示した。
 また、襲撃犯がモール内の見取り図を入手、従業員、モール関係者用の通路、階段や換気システムの位置を把握していたとする一部情報に注目しているとも述べた。
 事件では隣国ソマリアを拠点とするアルカイダ系の武装組織「シャバブ」が犯行声明を出した。
 同当局者は米国がこれまで得た事件関連情報を踏まえ、用意周到に準備された犯行と明言。突然モールに飛び込んで起こし得るような事件ではないと述べた。
 また、襲撃はシャバブの強硬派指導者アーメド・アブディ・ゴダネが命令したとの見方を強めている。今回のような犯行は同指導者抜きでは実行されないとも分析した。
 ケニアのケニヤッタ大統領によると、事件では少なくとも民間人61人と治安要員6人が死亡。実行犯の5人が殺害され、11人が事件に関与した疑いで拘束された。モールの建物は一部倒壊しており、がれきの除去などの作業が進めば新たな犠牲者が見つかる恐れもある。


---'White widow': public enemy No 1---
Jamie Gilham
theguardian.com, Wednesday 25 September 2013 11.06 BS
http://www.theguardian.com/commentisfree/2013/sep/25/white-widow-samantha-lewthwaite

The very normality of Samantha Lewthwaite's background provokes, disturbs and fascinates

On Monday morning the front pages of the tabloids condemned "evil" and "fanatical" Samantha Lewthwaite, aka the white widow, as the Nairobi "bloodbath mastermind". The precise nature of the tragic events in Nairobi are still unfolding and, when the tabloids went to press on Sunday night, little was known about Lewthwaite's alleged involvement in the Nairobi attack. A few days on, we still don't know much, and the evidence against Lewthwaite is scant and contradictory. Nevertheless the Muslim convert and widow of 7/7 attacker Germaine Lindsay has become the symbol of home-grown terrorism, a target of fear and loathing.

An alleged involvement in terrorism is more than enough to provoke a hostile public reaction, of course. But there is something more potent about Lewthwaite's story. She is seen as being the first possibly violent radical British female convert to Islam. If true, there are precedents elsewhere in the west. A white Belgian convert, Muriel Degauque, perpetrated a suicide attack in Iraq in 2005. Then came Colleen LaRose, aka jihad Jane, a white American convert who, in 2011, pleaded guilty to conspiracy to murder the Swedish cartoonist Lars Vilks for his depiction of the Prophet Muhammad. LaRose had a traumatic childhood and fell into prostitution and drugs. Like many religious converts past and present, her conversion was precipitated by a crisis that acted as a catalyst for change. The teenage Lewthwaite was apparently traumatised by her parents' divorce, but it is the very normality of her background that provokes, disturbs and fascinates.

Lewthwaite is white English, female and university educated; a soldier's daughter who grew up in the home counties. Her transgressions are plentiful: she converted to Islam, took the veil and a Muslim name, married a black and notoriously radical convert, and is the mother of mixed-race children.

Despite a history of Britons - female and male - converting to Islam on British soil dating back to the 19th century, there is a definite distaste for women who choose Islam. Ordinary female converts are especially misunderstood, though we know that more women than men now convert to Islam in Britain.

History shows us that most women and men have converted to Islam as a sometimes liberal and at other times socially conservative faith, but one that is essentially tolerant, peaceful and therefore consonant with life in the west. It also reveals that, by converting to Islam, women disturb conventions - about ethnicity, gender and religion in particular.

In the 1890s, one of the first known female British converts, Francess Fatima Cates of Liverpool, was abused by her family (who threatened to burn her copy of the Qur'an) and attacked by strangers in the street - horse manure was rubbed into her face as she left the local mosque. Today, converts who are female Muslim experience what we now know as Islamophobia - at home, in the workplace and, still, on the street.

But Lewthwaite's is a case apart. She took a dramatically different path to her British Muslim sisters. She married Germaine Lindsay and, despite publicly denouncing the 7/7 attacks, was dubbed the white widow - an inversion of black widow, which is at once negative and ambiguous, with connotations of familiarity, danger and mystery.

Having apparently repudiated her pledge of loyalty to liberal values and society following 7/7, and with her alleged connections with the radical al-Shabaab, she is now public enemy No 1. Whatever the precise facts, a heady cocktail of gender, religion and alleged terrorism feeds into the story of the "white widow", making it likely to provide fodder for tabloid front pages for some time to come.

* This article was amended on 25 September 2013. A sentence about Belgian convert Muriel Degauque was changed to make clear that she was not the first ever female suicide bomber.

0 コメント: