2013年10月16日水曜日

UN Sued Cholera Epidemic

ハイチのコレラ感染遺族らが国連に対して集団訴訟を起こした。
 ハイチで2010年以降に流行し、8300人以上が死亡したコレラの感染源は
PKO部隊で、国連は防止策を怠ったとして、ハイチの遺族らが、国連や潘
基文事務総長らを相手に損害賠償などを求める集団訴訟をNY連邦地裁に起
こした。

集団訴訟
・請求総額を未定。
・ハイチ政府がコレラを根絶するための費用22億ドル。
・遺族らの受けた損害を回復する費用。
 各死亡者へ100,000ドル、感染者へ50, 000ドルを要求。
・ハイチにはもともと、コレラ菌は存在しない。
・2010年10月以後、コレラが拡大、67万人以上が発症。
 8300人以上が死亡。
・感染源はMINUSTAHのネパール部隊で、国連は派遣前に部隊要員の健康
 診断をするべきだったのに怠った。

国連
・法的免除がある。
 Convention on Privileges and Immunities - the United Nations
 「国際連合の特権免除条約
・2月に提出された事務総長宛の嘆願書は、1947年国連に対して免除許諾
 (契約?)があるため、慣例に従い 受け取らなかった。

条約をみれば、国連が最優先され、「構内は干渉を免除される。」、
「国連任務の専門家は訴訟手続きの免除が継続する。」とのこと。

阪神・淡路大地震、新潟県中越沖地震、東日本大地震でも問題になった
捜索犬の検疫。感染源が国内に入った場合、完全な駆除が困難と記憶し
ている。
ハイチの場合は、人間の検疫の問題。
2011年10月の段階で、コレラ感染者50万人、死者6500人。
現在では、感染者65万人、死者8300人以上になったようだ。
二年で約1800人の死者は多い思う。コレラ絶滅は難しいだろうし、
国家でないハイチはどうのように対処するのだろうか。

国連は友好的と思っていたが、巨大な権力があり、合法的な軍事政権
成立も可能のようだ。群がる人が多い理由か。

空自 FXとKC767
ハイチコレラ 感染源はネパール部隊
ハイチ コレラ患者50万人


---コレラ禍で国連に賠償請求 ハイチの遺族らが集団訴訟---
2013.10.10 11:30
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131010/amr13101011330004-n1.htm

 ハイチで2010年以降に流行し、8300人以上が死亡したコレラの感染源は国連平和維持活動(PKO)部隊で、国連は防止策を怠ったとして、ハイチの遺族らが9日、国連や潘基文事務総長らを相手に損害賠償などを求める集団訴訟をニューヨーク連邦地裁に起こした。
 訴状は請求総額を示さず、ハイチ政府がコレラを根絶するための費用22億ドル(約2145億円)のほか、遺族らの受けた損害を回復する費用を支払うよう求めた。
 訴状によると、ハイチで10年10月以後、コレラが拡大、67万人以上が発症し、8300人以上が死亡した。感染源は国連ハイチ安定化派遣団(MINUSTAH)のネパール部隊で、国連は派遣前に部隊要員の健康診断をするべきだったのに怠ったと主張している。(共同)


---ハイチのコレラ流行で遺族らが国連提訴、PKOが感染源と主張---
2013.10.10 Thu posted at 11:15 JST
http://www.cnn.co.jp/world/35038328.html

 ニューヨーク(CNN) ハイチで2010年にコレラが大流行したのは国連の過失だとして、コレラの感染者や犠牲者の遺族らが10日までに、国連に補償を求める集団訴訟を米連邦裁判所に起こした。
 原告側の弁護士は、「国連は重大な過失や違法行為により、ハイチにコレラを持ち込んだ」と述べた。訴訟ではコレラの流行により死亡した8300人の遺族と、罹患(りかん)した65万人に対する補償を求めている。
 国連のファルハン・ハク報道官はCNNに対し、「国連に対して起こされた訴訟に対するコメントはしない」と述べた。
 潘基文(パンギムン)国連事務総長は以前、国連は国際条約により免責が認められているため、ハイチのコレラ被害者に対する補償請求は受け入れられないと発言している。
 2010年に大地震に見舞われたハイチでコレラの大流行が始まったのは、被害の爪跡がまだ生々しい同年10月のことだった。ハイチにはもともと、コレラ菌は存在しない。
 その後の科学的・医学的な調査で、ネパールの国連平和維持活動(PKO)部隊が駐留していた基地の下水から漏れた汚水が、感染源の1つに浮上。基地の近くには、ハイチの主要河川であるアルティボニト川の支流が流れていた。
 9月の国連総会では、ハイチのラモット首相も演説でコレラ問題に触れた。
 首相は「国連には大流行を起こした道義的責任がある」と述べるとともに、現在、国連が行っているコレラ撲滅のための対策は不十分だと指摘。コレラ研究を進めるための合同委員会の創設を呼びかけた。
 ハイチでは現在もコレラ患者が発生しており、世界保健機関(WHO)によれば、今年4~8月に少なくとも182人がコレラで死亡した。


---UN sued over Haiti cholera epidemic---
9 October 2013 Last updated at 15:12 GMT
http://www.bbc.co.uk/news/world-latin-america-24457195

Lawyers representing victims of a cholera epidemic in Haiti have filed a lawsuit against the United Nations at a court in New York.

They say UN peacekeepers introduced cholera to Haiti in 2010. The disease killed more than 8,000 people and made hundreds of thousands sick.

The lawyers are demanding compensation of $100,000 (L62,000) for every person who died and $50,000 for each of those who became ill.

The UN says it has legal immunity.

Lawyers filed the suit at the US District Court in New York. They said they were left with no other option after the UN had rejected previous claims for compensation.

"The UN refused to even consider them. We then felt we had no choice but to file in a national court," Brian Concannon, director of the Institute for Justice and Democracy in Haiti, which is bringing the case, told the BBC.

BBC international development correspondent Mark Doyle says investigations have pointed strongly to leaking sewage at a camp for UN soldiers from Nepal, where cholera is endemic, as the origin of the outbreak in Haiti.

No cases of the bacterial infection, which causes diarrhoea, nausea, vomiting and muscle cramps, had been recorded in Haiti for a century until the outbreak in late 2010.

Then cases mounted quickly in an area near the camp.

Leading cholera expert Danielle Lantagne, who once worked for the UN, said in the past that the outbreak's "most likely source" was the UN camp.

In February, a spokesman for UN Secretary General Ban Ki-moon said the petition for compensation was "not receivable" under a 1947 convention which grants the UN immunity for its actions.

Our correspondent says the UN's position is unlikely to change.

0 コメント: