2013年12月10日火曜日

DIT 東部第33部隊

防衛情報チーム(DIT)が話題。
 首相や防衛相が関知しない独断による情報活動が明らかになった陸上
幕僚監部運用支援・情報部別班。

・養成
 上司に命じられ、陸自小平学校の心理戦防護課程に入校。
 同期は7-8人。海自、空自の隊員もいる。
 追跡、潜入、張り込み等。
 課程を修了すると、外部との接触禁止。
 休職扱いか、自衛官の身分を離れるが、給料や退職金は満額が出る。
・任務
 別班の本部は東京・市谷の防衛省地下。
 「アジト」が東京都内に数カ所あり、組織を秘匿するため、渋谷、
 池袋、新宿等。
 班員は数人ずつのグループで活動。
・資金
 活動資金が足りなくなれば、防衛省情報本部にもらう。
 領収書は一切いらない。

カボチャの発言では、DITの構成・活動内容等は、特定秘密には該当しな
いはずだが、報道は存在のみ。
他国の諜報活動や防諜活動はたまに報道されるが、人目を引くものばかり。
報道されたDITの活動も報道されたものが多い。
DITは、最高司令官配下の組織ではなく、陸自の下部組織のようだから、
米NSAの関係者が行った違法な情報収集と変わらないようだ。

「リーダーやメンバーが捕えられ、或いは殺されても当局は一切関知
しない」が、資金は豊富。閣下のように私利私欲し放題か

北朝鮮の情報は、周辺国からではなく、直接の情報が入っているよう
には見えない。

嘘つきへ投票か
内調 諜報員養成へ
米中 国連通信システム侵入
Benghazi Facility
NSA 仏独メキシコ監視
NSA OPs Keep Allies Safe
NSA analyzed GCHQ Report


---北朝鮮・張成沢氏は生存、身体への危険はない=韓国統一相---
2013年 12月 4日 19:23 JST
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE9B306M20131204

 [ソウル 4日 ロイター] -韓国の柳吉在・統一相は4日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の叔父である張成沢(チャン・ソンテク)氏は生存しており安全であるとみられると述べた。国家情報院(NIS)は前日、張氏が国防委員会副委員長および労働党部長ポストを解任されたとの見解を示していた。
 同相は、ソウルで行われた緊急分科会会議で「張成沢氏はいかなる身体的危険にもさらされていないと理解している」と述べた。張氏の妻である金慶喜氏も安全であるとみられるとしたが、詳細についてはコメントを避けた。金氏は故・金正日総書記の妹に当たる。
 北朝鮮で第2の実力者と考えられている張氏は、11月初旬に平壌で開催された日本とのバスケットボールの試合を観戦している姿を最後に、公的な場で目撃されていない。


---陸自、独断で海外情報活動/首相や防衛相に知らせず/文民統制を逸脱/民主国家の根幹脅かす---
2013/11/28 14:30
http://www.47news.jp/47topics/e/247996.php

 陸上自衛隊の秘密情報部隊「陸上幕僚監部運用支援・情報部別班」(別班)が、冷戦時代から首相や防衛相(防衛庁長官)に知らせず、独断でロシア、中国、韓国、東欧などに拠点を設け、身分を偽装した自衛官に情報活動をさせてきたことが27日、分かった。
 陸上幕僚長経験者、防衛省情報本部長経験者ら複数の関係者が共同通信の取材に証言した。
 自衛隊最高指揮官の首相や防衛相の指揮、監督を受けず、国会のチェックもなく武力組織である自衛隊が海外で活動するのは、文民統制(シビリアンコントロール)を逸脱する。
 衆院を通過した特定秘密保護法案が成立すれば、自衛隊の広範な情報が秘密指定され、国会や国民の監視がさらに困難になるのは必至だ。
 陸幕長経験者の一人は別班の存在を認めた上で、海外での情報活動について「万が一の事態が発生した時、責任を問われないように(詳しく)聞かなかった」と説明。情報本部長経験者は「首相、防衛相は別班の存在さえ知らない」と述べた。
 防衛省と陸自はこれまで別班の存在を認めておらず、 小野寺五典防衛相は27日夜、「陸幕長に過去と今、そのような機関があるのかという確認をしたが、ないという話があった」と述べた。
 関係者の話を総合すると、別班は「DIT」(防衛情報チームの略)とも呼ばれ、数十人いるメンバー全員が陸自小平学校の「心理戦防護課程」の修了者。同課程は諜報(ちょうほう)、防諜活動を教育、訓練した旧陸軍中野学校の後継とされる。
 別班の海外展開は冷戦時代に始まり、主に旧ソ連、中国、北朝鮮に関する情報収集を目的に、国や都市を変えながら常時3カ所程度の拠点を維持。最近はロシア、韓国、ポーランドなどで活動しているという。
 別班員を海外に派遣する際には自衛官の籍を抹消し、他省庁の職員に身分を変えることもあるという。
現地では日本商社の支店などを装い、社員になりすました別班員が協力者を使って軍事、政治、治安情報を収集。出所を明示せずに陸幕長と情報本部長に情報を上げる仕組みが整っている。身分偽装までする海外情報活動に法的根拠はなく、資金の予算上の処理などもはっきりしない。
 冷戦時代の別班発足当初は米陸軍の指揮下で活動したとされる。陸幕運用支援・情報部長の直轄となった現在でも「米軍と密接な関係がある」と指摘する関係者は多い。(共同通信編集委員 石井暁)

【解説】 陸上自衛隊の秘密情報部隊「別班」が独断で行ってきた海外活動は、政府や国会が武力組織を統制して暴走を防ぐ文民統制(シビリアンコントロール)を無視するもので、民主主義国家の根幹を脅かす。
 これまで元別班員らが出版などを通じ、冷戦時代の活動の一端を語ったことはあるが、防衛省と陸自は別班の存在すら認めてこなかった。
 今回、陸自トップの陸上幕僚長経験者と、防衛省で軍事情報の収集や分析を統括する情報本部長経験者らが別班の存在を認め、海外展開を初めて明らかにした。
 万が一発覚した場合に備え、陸幕長にも海外の展開先や具体的な活動内容をあえて知らせず、自衛官の身分を離れて民間人などを装った佐官級幹部が現地で指揮する。
 首相や防衛相が関知しないまま活動する不健全さはインテリジェンス(情報活動)の隠密性とは全く異質で、「国家のためには国民も欺く」という考えがあるとすれば本末転倒も甚だしい。
 関東軍の例を挙げるまでもなく、政治のコントロールを受けず、組織の指揮命令系統から外れた部隊の独走は、国の外交や安全保障を損なう恐れがあり、極めて危うい。
 日米同盟を強化し、機微な情報を共有するには秘密保全が必要だとする政府は、国家安全保障会議(日本版NSC)発足と特定秘密保護法案の成立を急いでおり、その先に米中央情報局(CIA)のような対外情報機関の新設も見据えている。
 だが、特定秘密保護法案は恣意(しい)的な運用の歯止めがなく、別班のような「不都合な存在」は歴史的経緯も含め、永久に闇に葬られる懸念がある。
 別班に目をつぶったまま、秘密保全や対外情報活動の強化を進めるのは公明正大さを欠く。政府と国会は別班の実態を徹底的に調べて国民に明らかにし、民主国家の基本原理である文民統制の機能回復を図る責任がある。
(共同通信)


---自衛隊が韓国でスパイ活動---
2013/11/28 09:18
金熙燮(キム・ヒソプ)記者
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/11/28/2013112800657.html

 共同通信は27日、陸上自衛隊の秘密情報部隊「陸上幕僚監部運用支援・情報部別班」(別班)が、冷戦時代から首相や防衛相に知らせず、独断で韓国、ロシア、中国、東欧などに拠点を設け、身分を偽装した自衛官に情報活動をさせてきたことが分かったと報じた。陸上幕僚長経験者や防衛省情報本部長経験者らの話として伝えた。
 別班は「DIT」(防衛情報チームの略)とも呼ばれ、数十人いるメンバー全員が陸上自衛隊小平学校の「心理戦防護課程」の修了者。同課程は諜報(ちょうほう)・防諜活動を教育、訓練した旧陸軍中野学校の後継とされる。
 別班の海外展開は冷戦時代に始まり、主に旧ソ連、中国、北朝鮮に関する情報収集を目的に、国や都市を変えながら常時3カ所程度の拠点を維持してきた。最近はロシア、韓国、ポーランドなどで活動しているという。自衛官の海外派遣時には自衛隊の経歴を消し、別組織の所属を名乗る。日本の総合商社の海外支社社員に偽装し、軍事、政治、治安に関する情報を収集するケースもあるとされる。
 小野寺五典防衛相は共同通信の報道に対し「(別班という)組織も、その海外展開も承知していない」とコメントした。日本政府が推進する特定秘密保護法案が成立すれば、こうした自衛隊の活動に対する国会のけん制やメディアの監視はさらに困難になる見通しだ。


---「北朝鮮にスパイ送った」 元陸自別班メンバーが実態語る---
2013/11/28
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201311280097.html

 首相や防衛相が関知しない独断による情報活動が明らかになった陸上幕僚監部運用支援・情報部別班(別班)。国内担当だった元メンバーが28日までの共同通信の取材に、陸自内部でも存在そのものが秘匿されてきた情報部隊の実態を語った。

▽養成
 突然上司に命じられ、諜報ちょうほうや防諜ぼうちょうの教育、訓練をした旧陸軍中野学校の流れをくむ陸自小平学校の心理戦防護課程に入校。同期は7、8人でごくまれに海自、空自の隊員もいる。追跡、潜入、張り込み…。教室の鍵は昼間も厳重で、小平学校長でさえ入室できない。
 同課程を修了して別班員になると、外部との接触禁止に。「身分証明書は自宅で保管し、持ち歩くな」「年賀状も出すな」と指示され、防衛大の同期会は当然欠席。休職扱いか、いったん自衛官の身分を離れるが、給料や退職金は満額が出る。

▽任務
 別班の本部は東京・市谷の防衛省地下。民間のビルの一室を借りた「アジト」が東京都内に数カ所あり、組織を秘匿するため、渋谷、池袋、新宿…などを転々とする。
 班員は数人ずつのグループで活動。他のグループのメンバーとは本部でたまに会うだけで、本名さえ知らない。在日朝鮮人を買収し、スパイに仕立てて北朝鮮に送り込んだこともある。

▽資金
 活動資金が足りなくなれば、防衛省情報本部にもらう。金が余り、内輪で豪華宴会をしたこともある。領収書は一切いらない。
 別の班員から「数百万円まで湯水のように使えた」「協力者には数十万円単位で使えと言われた」「金を使わないと仕事をしていないと思われた」と聞いたこともある。


---特定秘密の9割は衛星画像 首相が見通し---
2013.11.26 22:46
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131126/plc13112622470027-n1.htm

 安倍晋三首相は26日の衆院国家安全保障特別委員会で、政府内で厳格に情報管理されている約42万件の「特別管理秘密」のうち、9割が情報収集衛星の画像であることを明らかにした。首相は特定秘密保護法案で漏洩(ろうえい)を禁じる「特定秘密」が特別管理秘密に比べて対象範囲が限定される見通しを示し、「解像度が分かってしまう衛星の画像は特定秘密に入る」と説明した。
 一方、加藤勝信官房副長官は同日、慰安婦募集の強制性を認めた河野洋平官房長官談話の根拠となった日本政府による元慰安婦16人の聞き取り調査資料について、「非公開を前提に聞き取った。個人を特定することが可能になる恐れがある」として公表しない考えを示した。ただ、調査資料が特定秘密に該当しないことも明らかにした。

0 コメント: