2014年2月12日水曜日

関電 送電線工事談合240人関与

関電の送電線工事談合は240人が関与したようだ。
 関西電力が発注した送電線工事の談合で、関電は、工事担当者240人が
事前に予定価格など非公表の情報を業者側に漏らしていたとする社内調査
結果を発表した。

野田正信
・談合を助長するという意識が欠け、誠に不適切だった。
・法令順守の徹底や発注方法の見直す。

公取委

(平成26年1月31日)関西電力株式会社が発注する架空送電工事の工事業者及び地中送電工事の工事業者に対する排除措置命令,課徴金納付命令等について

・2009年談合認定 1329件
 設計や発注を担当した795人に面談。
 情報漏えいしたと回答した29%の232人。
 このうち40人は、予定価格が記された発注予定工事の一覧表等の資料
 の閲覧、譲渡した。
 漏えいは20-30年前から継続。
・工事業者に再就職した関電OB29人が関与。

処分
・副社長ら幹部4人が役員報酬の1-2割を1か月分返上。
・関係者の処分を検討。
・1329件全ては未精査。

東電だけかと思っていたら、関電でも談合が発覚。
違反事業者数は、76社。
排除措置命令対象事業者数は73社。
73社が排除されると一般的に、工事は中止になる。
過去の品質や業務状況を検討し、入札許可になるはずだが、新業者が参入
し、同品質が得られるかは不明。もっと良くなることは少ない。
電気事業業界は、電気料金の算出の仕組みが正常な市場原理にさらされず、
国から保護とのことで、内部の人も「料金を頂く」との意識が低いようだ。

電事連は、与党に、模範回答を配布し、ロビー活動を展開。
電事連の不信は払拭できないようだ。

送電線設備談合 東電助長


原発推進に向け電事連が自民議員に"模範回答"(14/01/31)


---送電線談合、価格漏えい「20年以上」…関電---
2014年2月5日  読売新聞
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20140205-OYO1T00276.htm

 関西電力が発注した送電線工事の談合で、関電は4日、工事担当者240人が事前に予定価格など非公表の情報を業者側に漏らしていたとする社内調査結果を発表した。漏えいは長年続いていたとし、記者会見した野田正信執行役員らは「談合を助長するという意識が欠け、誠に不適切だ」と謝罪。公正取引委員会の再発防止要請を受け、法令順守の徹底や発注方法の見直しも明らかにした。
 関電は3日付で、副社長ら幹部4人が役員報酬の1~2割を1か月分返上する処分をした。関係者の処分も検討するという。
 調査は、公取委が談合を認定した2009年以降に設計や発注を担当した795人に面談して実施。情報を漏らしたと回答した240人は全体の30%にあたり、このうち40人は、予定価格が記された発注予定工事の一覧表などの資料を見せたり、渡したりしていた。
 担当者らは「取引先に求められ、断れなかった」「伝えてもいいと思っていた」などと回答。「漏えいは20~30年前から続いていた」との証言や、工事の見積もりを依頼する業者の顔ぶれを業者側に決めさせていたケースもあった。
 公取委によると、工事業者に再就職した関電OB29人が談合に関わっていた。この点に関連し、野田執行役員らは会社として退職者の再就職をあっせんしていることを認めた上で、「OBの知見や技術を生かすため、再就職先のあっせんは今後も続ける」とした。
 談合で工事費が高止まりし、電気料金にも影響したのでは、という報道陣の問いには「最も安い見積額を提出した業者と、市況を基に交渉したうえで契約価格を決めており、影響はない」と繰り返した。

関電社員違法性問えない?
官製談合防止法の適用外
Q 公取委は今回、談合に関わった工事会社76社の独占禁止法違反を認定した。
A 独禁法は、企業間の取引を不当に制限することを禁じており、入札参加者らが事前に落札者や受注額を決める談合行為も該当する。企業の自由な競争が損なわれ、消費者が不利益を受けることを防ぐためだ。
Q 予定価格などを漏らした関電社員の違法性は問えないの。
A 独禁法には、発注者の談合関与行為に関する規定はない。国や自治体、国や自治体が資本金の半分以上を出資する独立行政法人や企業などの場合、官製談合防止法に基づいて公取委が再発防止策を求めることができ、関与した職員への罰則もある。ただ、主に民間が出資している関電は同法の適用外だ。
Q 公取委は、関電に再発防止を要請した。
A 独禁法に基づくものではないが、違反行為に発注者側が深く関与している場合、再発防止の観点から任意で行う。過去10年では、昨年末に同種工事の談合で要請された東京電力や2007年の大阪ガスなど3回あった。


---関西電力:予定価格漏えい「課長級以下240人」と発表---
毎日新聞 2014年02月04日 23時06分(最終更新 02月05日 00時28分)
http://mainichi.jp/select/news/20140205k0000m040142000c.html

◇「深く反省し、再発防止に取り組む」と謝罪
 関西電力が発注した送電線設備工事の談合を巡って、関電は4日、課長級以下240人の社員が受注業者に予定価格などを漏らしていたと発表した。また3日付で、広江譲(ゆずる)副社長ら執行役員4人をけん責し、報酬月額の1-2割を1カ月返上させる処分を行った。
 野田正信執行役員らが記者会見し、社内調査結果を発表。「深く反省し、再発防止に取り組む」と謝罪した。
 調査では、公正取引委員会が談合を認定した2009年度以降に設計や発注に携わった795人と面談。29%の232人が予定価格の漏えいを認めた。また、40人は予定工事の一覧など内部資料を渡していた。「価格を伝えても良いと思っていた」「断り切れなかった」「品質と安全対策を確保してもらいたかった」などと釈明したという。
 関電は再発防止のため、昨年、価格漏えいや談合のきっかけとなった入札前の現地説明会を原則廃止。4日はさらに、業者の問い合わせには社内の決裁を経て文書で答える▽不適切な働きかけを受けた場合の社内報告や業者への対応を明確化する--などの対策も示した。
 電気料金は人件費や設備投資費などの総コストに一定の利益を加えて決まる。関電は4日、「市況も踏まえて入札価格を査定している。契約時に価格を引き下げることもある」とし、談合で工事価格が高止まりした可能性を一旦否定した。しかし、公取委に談合と認定された1329件の工事を精査しておらず、根拠が薄弱だと、後で認めた。【林田七恵、久田宏】


---送電線工事談合、関電の240人が事前情報漏らす---
2014年2月4日20時56分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20140204-OYT1T01163.htm?from=ylist

 関西電力が発注した送電線工事の談合で、関電は4日、工事担当者240人が事前に予定価格など非公表の情報を業者側に漏らしていたとする社内調査結果を発表した。
 漏えいは長年続いていたとし、記者会見した野田正信執行役員らは「談合を助長するという意識が欠け、誠に不適切だ」と謝罪。公正取引委員会の再発防止要請を受け、法令順守の徹底や発注方法の見直しも明らかにした。
 関電は3日付で、副社長ら幹部4人が役員報酬の1~2割を1か月分返上する処分をした。関係者の処分も検討するという。
 調査は、公取委が談合を認定した2009年以降に設計や発注を担当した795人に面談して実施。情報を漏らしたと回答した240人は全体の30%にあたり、このうち40人は、予定価格が記された発注予定工事の一覧表などの資料を見せたり、渡したりしていた。


---関電・送電線談合 公的企業の低いコスト意識---
2014年2月1日  読売新聞
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20140201-OYO1T00345.htm?from=main4

 関西電力発注の送電線工事を巡る談合で、200人以上の関電社員らが予定価格を漏えいし、工事会社に再就職したOBらが受注調整を主導していた実態が公正取引委員会の調査で明らかになった。業者らは取材に対し「談合ルールに逆らえなかった。従っていれば確実に仕事が回ってきた」と打ち明ける。電気料金は工事費などの経費をもとに設定されており、識者からは、公的企業のコスト意識の低さを指摘する声が上がっている。
 「関電の工事説明会が終わると、業者仲間と近くの喫茶店などに行き、『ほな、どこにしようか』と話し合っていた」と、ある電気工事会社の社長は言う。受注業者をくじ引きで決めたり、過去に受注を他社に譲ったことがある業者に優先的に回したりしていたという。
 「公共事業ではないし、持ちつ持たれつで業界を維持するための習わしだと考え、後ろめたさもなかった」と社長。他の業者の多くも、違法との意識は抱いていない様子だったという。
 約20年前から関電の仕事を受注するようになった大阪府内の電気設備業者は「当時、すでに談合の仕組みができていた」と証言する。社内では、談合を続けることに反対意見もあったが、談合から抜ける勇気はなかった。「送電線工事の大半は関電からの仕事。逆らえば会社が立ちいかなくなる。従っていれば確実に仕事はもらえた」からだ。
 兵庫県内の業者は2012年11月に公取委の立ち入り検査を受けた後、社内調査を実施。代々の営業担当者が談合を引き継いできたことを知り、担当者を配置転換したうえ、同業者と社外で会合を持つ場合は事前に報告させる仕組みを整備した。総務担当者は「関与した社員は『会社のためと思っていた』と話したが、許されない行為。再発防止を徹底する」と話した。
 公取委によると、談合への関与が判明した76社の多くは中小・零細企業で、再就職した関電OBの29人が会合の場などで受注調整していた。一方、工事計画を立てる関電の担当者ら約800人のうち、予定価格などの情報を漏らしていたのは200人を超えた。
 電気料金は、工費費や人件費などのコストに一定利益を上乗せする「総括原価方式」で決められている。関電は昨年4~5月、原発停止に伴い、「火力発電の燃料費がかさんでいる」として値上げしていた。
 公取委の担当者は「談合で工事費が増えても料金に転嫁すればいいとの思いはなかったのか」と、関電の認識の甘さを批判する。
 関電によると、社員による情報漏えいは社内規則に違反するものの、取引先への再就職を規制するルールは設けていないという。
 桐蔭法科大学院の鈴木満客員教授(経済法)の話「電力会社が発注する工事での談合は、最終的には電気料金として国民に転嫁される形になる。そこが今回の談合の罪深さだ。関電に自分たちでコストカットしなければいけないという意識が希薄だから、談合が長年続けられてきたのだろう」

---関西電力:200人近い社員 受注業者の談合に関与の疑い---
毎日新聞 2014年01月31日 21時12分(最終更新 01月31日 23時58分)
http://mainichi.jp/select/news/20140201k0000m040134000c.html

 関西電力が発注した送電線設備工事を巡り、200人近い関電社員が受注業者の談合に関与した疑いがあることが公正取引委員会への取材でわかった。入札前に非公開の予定価格を教えたり、予定工事の一覧などの内部資料を渡したりしたとみられる。公取委は31日、「談合を助長、誘発した」として談合防止策を講じるよう関電に申し入れた。
 また、公取委はこの日、受注業者76社の独占禁止法違反(不当な取引制限)を認定し、うち61社に総額23億7000万円の課徴金納付、73社に再発防止を求める排除措置を命じた。
 公取委によると、鉄塔間の空中に張る「架空送電線」と地中に埋める「地中送電線」について、関電は設置や補修の工事ごとに、技術力などの基準を満たした複数の業者による指名競争入札をしている。
 関電社員は、入札前に開く指名業者を集めた現地説明会で業者に予定価格を教えたとされる。業者側は予定価格に基づいて落札業者と入札価格を決め、後日の入札に参加していた。
 どの業者を指名するか業者側に相談した社員もいたとされ、談合への関与は本店、支店などほぼ全ての発注窓口に広がっていた。業者側の談合担当には関電OBも29人いた。うち14人は関電社員から直接、予定価格を聞いていたという。
 こうした行為は、公務員なら官製談合防止法違反に当たる可能性もあるが、民間の関電社員は同法の適用対象外だ。受注側の談合を規制する独禁法にも抵触しない。
 公取委は2012年11月、今回の談合疑惑で立ち入り検査をした。関電も内部調査中という。関電側は公取委に「社員は入札価格が安いと工事の質に影響すると考え、談合に関与した」と釈明しているとされる。
 一方、公取委が談合を認定したのは09年4月以降の工事1329件(受注総額約294億円)。関電グループのかんでんエンジニアリング、きんでん(東証1部)の他、栗原工業、住友電設(同)の計4社=いずれも本社・大阪市=については、談合から抜けようとした業者に継続を求めたなどとして、課徴金を1・5-2倍にした。
 電気料金は人件費、設備投資費などのコストに電力会社の利益を上乗せする「総括原価方式」で決まる。談合で工事費が高止まりすれば、電気料金として国民の負担になる。関電の八木誠社長はこの日の定例会見で「誠に申し訳なく、心よりおわびしたい。再発防止策に取り組む」と語った。 送電線設備工事を巡っては昨年12月、東京電力発注分でも公取委が談合を認定、東電社員2人が談合を容認していたとされた。【林田七恵】


---原発推進に向け電事連が自民議員に“模範回答”---
2014/01/31 17:13
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000020650.html

原発推進に向けて、自民党議員に対する働き掛けが強まっています。
 自民党は、今月初旬からエネルギー政策に関するアンケートを所属議員に対して実施していました。このため、電力会社などでつくる電気事業連合会は、「原子力は重要な電源」などとする「模範回答」を用意し、自民党議員に配布しました。模範回答には、「原発の新増設や建て替えの必要性の明確化」なども盛り込まれています。電事連は、原発再稼働への態度を明確にしていない議員を中心に配布したものとみられます。

0 コメント: