2014年2月14日金曜日

iPS細胞 産業化進行

iPS細胞の産業化が進むようだ。
iPS細胞(人工多能性幹細胞)を開発した京都大iPS細胞研究所長の山中伸弥
教授は、京都市内で記者会見し、理化学研究所などの研究チームによる
STAP細胞(刺激惹起(じゃっき)性多能性獲得細胞)の開発に絡み、「一般の
人や報道は、iPS細胞の方ががん化のリスクが高く、作製が難しいなどと
三つの誤解をしている」と指摘した。

山中伸弥指摘
・iPS細胞はSTAP細胞よりがん化のリスクが高い。
 2006年当初は染色体に遺伝子を取り込ませる方法やがん遺伝子を使い、
 がん化の頻度は高かったが、現在はいずれも使っていない。
・iPS細胞の作製効率は0.1%、STAP細胞は30%。
 当初は約0.1%だったが、09年に20%に上昇。
 STAP細胞は、1-2割程度。
・iPS細胞の作製はSTAP細胞より難しい。
 iPS細胞はES細胞の培養法などが応用できたため世界中で急速に普及。
 STAP細胞が、ES細胞やiPS細胞との互換性がないと、積み重ねられた
 研究成果が利用できない。

iPSは、培養や作製方法が進む。
豊富な研究資金と臨床応用への期待で産業化が進む。
iPS細胞は、ES細胞の発展型のようだから、研究は同一線上で進められる
と思うが、STAP細胞は、iPS細胞研究の経緯を踏まえないため、別路線と
思う。STAP細胞は、発見したレベルで、臨床応用はまだ当分先だろう。

研究所では、正反対の方向の研究を支援する場合がある。
資金を分散させないためには、同じ方向が好ましいが、研究として拘束
する必要があるか疑問。STAP細胞研究の方向性が決まればはっきりする
ことと思う。

STAP細胞


山中伸弥教授が、小保方博士のSTAP細胞作製の報道の仕方を残念に思う(iPS細胞は報道内容以上に高効率で安全!)


---「iPSに誤解」山中教授 STAP細胞と比較 残念---
2014年2月11日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014021102000127.html

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)の生みの親で京都大iPS細胞研究所の山中伸弥(しんや)教授が十日、京都市内で記者会見し、理化学研究所(理研)のチームが作製した新たな万能細胞「STAP細胞」をめぐり、iPS細胞はSTAP細胞よりがん化のリスクが高いなどとする「三つの誤解がある」との見解を表明した。
 STAP細胞については「未来の医療、たとえば移植に頼らない体内での臓器の再生などにつながる可能性がある」とし、京大で研究に取り入れる意向を示した。
 ほかに誤解だとしたのは、作製効率はiPS細胞が0・1%でSTAP細胞は30%、iPS細胞の作製はSTAP細胞より難しい-の二点。
 山中教授は二〇〇六年に発表したマウスでのiPS細胞作製では、発がんに関連する遺伝子を使ったり、作製効率が悪かったりしたと説明した上で「今のiPS細胞は全く違う技術だ。なぜ昔との比較で報道されたのか、残念だ。心を痛めている」と述べた。
 安全性は動物実験で十分確認しており、人のiPS細胞の安全性は「臨床研究で最終確認を待つ段階」とした。作製効率は上昇したほか、世界中の研究者に作られている簡単な技術と強調した。
 マウスを使いSTAP細胞を作製したと一月に発表した理研発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の小保方(おぼかた)晴子・研究ユニットリーダーには「できることは何でもさせていただきたい。ノウハウを教えてほしい」と呼び掛けた。


---山中教授:「iPS細胞にがん化リスクなど三つ誤解ある」---
毎日新聞 2014年02月10日 21時14分(最終更新 02月10日 22時40分)
http://mainichi.jp/select/news/20140211k0000m040077000c.html

◇STAP細胞の開発に絡み、会見
 iPS細胞(人工多能性幹細胞)を開発した京都大iPS細胞研究所長の山中伸弥教授は10日、京都市内で記者会見し、理化学研究所などの研究チームによるSTAP細胞(刺激惹起(じゃっき)性多能性獲得細胞)の開発に絡み、「一般の人や報道は、iPS細胞の方ががん化のリスクが高く、作製が難しいなどと三つの誤解をしている」と指摘した。
 山中教授が誤解だと指摘したのは▽iPS細胞はSTAP細胞よりがん化のリスクが高い▽iPS細胞の作製効率は0.1%、STAP細胞は30%▽iPS細胞の作製はSTAP細胞より難しい--の3点。
 がん化については、マウスのiPS細胞作製を発表した2006年当初は染色体に遺伝子を取り込ませる方法やがん遺伝子を使い、がん化の頻度は高かったが、現在はいずれも使っていないと説明。
 効率についても、当初は約0.1%だったが、09年に20%に上昇させることに成功したと話し、STAP細胞は、酸に浸した後に生き残った細胞が約30%の確率で多能性を獲得するため、約10%とするのが正しく、このうち増殖する細胞になるのは1-2割程度だと指摘した。
 作製の難しさは「iPS細胞は世界中の誰でもどこでもできる簡単な技術で、(別の万能細胞の)ES細胞(胚性幹細胞)の培養法などが応用できたため世界中で急速に普及した」と説明。STAP細胞について「ES細胞やiPS細胞との互換性がないと、積み重ねられた研究成果が利用できない」と指摘した。【根本毅、堀智行】


---「STAP細胞よりがん化リスク高い、は誤解」 iPS細胞の山中教授が声明---
2014.2.10 19:31
http://sankei.jp.msn.com/science/news/140210/scn14021019330003-n1.htm

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)の生みの親で京都大iPS細胞研究所の山中伸弥教授は10日、京都市内で記者会見し、理化学研究所(理研)のチームが作製した新たな万能細胞「STAP細胞」について「最大限協力したい」とした上で、「iPS細胞はSTAP細胞よりがん化のリスクが高いなどとする、3つの誤解がある」とする声明を発表した。
 STAP細胞は、理研発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の小保方晴子・研究ユニットリーダーらがマウスを使って作製に成功したと1月に発表。iPS細胞と同じように体のさまざまな種類の細胞や組織に変化する能力を持ち、再生医療への応用が期待されている。


---iPSの作製効率、20倍に=遺伝子働きやすい仕組み応用-マウスで成功・理研など---
2014/02/07-02:07
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201402/2014020700048&rel=j&g=soc&relid=1_1

 卵子では細長いひも状のDNAが緩くまとまり、遺伝子が働きやすい仕組みになっていることを応用し、マウスの人工多能性幹細胞(iPS細胞)の作製効率を約20倍アップできたと、理化学研究所と東京大、九州大、筑波大の研究チームが6日付の米科学誌セル・ステムセルに発表した。
 理研の石井俊輔上席研究員によると、この仕組みは卵子を用いたクローン胚ができる際にも働いているとみられ、皮膚や神経、筋肉などのさまざまな細胞が受精卵に近い状態に「初期化」する上で重要な役割を果たしていると考えられる。
 卵子にはほかにも初期化に関連するたんぱく質が見つかっており、再生医療応用が期待されるiPS細胞の作製法改善に役立つという。

0 コメント: