2014年3月31日月曜日

中国 武器調達先はEU

中国の武器調達先はEUとのこと。
 1989年以後、中国への武器禁輸措置をとる欧州連合(EU)が部品輸出や
ライセンス生産などの形で軍備移転を続け、EUから中国への軍事関連物資
の調達額が2012年までの10年間で約35億ユーロに上ることが、ストック
ホルム国際平和研究所(SIPRI)のデータなどで分かった。

SIPRI Yearbook 2013
輸出
・英仏:殺傷兵器に限定。エンジンやレーダーを輸出。
    JH7型のエンジンは英ロールス・ロイス製。
・スウェーデン:すべての軍備を禁輸対象。
・独:MTUのディーゼル・エンジン56基が輸出、中国海軍の039型攻撃型潜水
   艦搭載。

輸入
・印:2004-2008に比べ、2009-2013では111%上昇。
   供給先は、米露。
・パキスタン:2004-2008に比べ、2009-2013では119%上昇
       供給先は、中米。
・バングラディシュ:供給先は、中国が82%。

武器輸出シェア 2009-2013年
・米国 29%
・露  27%
・独  7%
・中国 6%
・仏  5%

武器商人として有名な仏が武器輸出の上位5番目とのこと。
EUは、基準が国によってかなり異なるようだ。
Rolls Royceに対し、KHIは、エンジン部品を供給したが、Rolls Royce
が中国に対して、輸出しているエンジンが少なくとも尖閣諸島や南沙諸島
等への侵略する装備品に使われいないことを政府は、確認したのだろうか。

兵器輸入アジア上位
SIPRI 核弾頭保有数2013
小野寺五典 「死の商人」強調


中国海軍 - JH-7


---中国、EUから「武器」調達…禁輸すり抜け---
2014年3月28日09時12分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20140328-OYT1T00089.htm

 【パリ=三井美奈】1989年以後、中国への武器禁輸措置をとる欧州連合(EU)が部品輸出やライセンス生産などの形で軍備移転を続け、EUから中国への軍事関連物資の調達額が2012年までの10年間で約35億ユーロ(約4900億円)に上ることが27日、ストックホルム国際平和研究所のデータなどで分かった。
 欧州の技術は中国軍増強のカギとなっており、日米が懸念を高める中、習近平・国家主席の訪欧で欧中協力は深まりそうだ。
 禁輸は89年の天安門事件に対する制裁として発動されたが、「対象の解釈は各国に委ねられている」(EU報道官)ため、抜け穴がある。スウェーデンが「すべての軍備」を禁輸対象とする一方、英仏は「殺傷兵器」に限定。攻撃力の強化につながるエンジンやレーダーを輸出してきた。同研究所の調べでは、89年以降、ドイツのエンジン製造・整備大手「MTU」のディーゼル・エンジン56基が輸出され、中国海軍の039型攻撃型潜水艦に使われた。中国軍のJH7型戦闘爆撃機のエンジンは、英ロールス・ロイス製だ。


---SIPRI on international arms exports and imports---
Written by Staff Writer, Wednesday, 19 March 2014
http://www.defenceweb.co.za/index.php?option=com_content&view=article&id=34062:sipri-on-international-arms-exports-and-imports&catid=113:international-news&Itemid=248

The volume of Indian imports of major weapons rose by 111% between 2004/08 and 2009/13 and its share of the volume of international arms imports increased from seven to 14 % the Stockholm International Peace Research Institute reports.

At the same time Pakistan’s imports of major arms increased by 119%.

The major suppliers of arms to India in 2009/13 were Russia (accounting for 75% of imports) and the United States (seven percent), which for the first time became the second largest arms supplier to India. In contrast, the USA’s share of Pakistani imports in the same period was 27%. China was also a major supplier in the region, accounting for 54% of Pakistani arms imports and 82% of Bangladeshi imports.

“Chinese, Russian and US arms supplies to South Asia are driven by both economic and political considerations. In particular, China and the USA appear to be using arms deliveries to Asia to strengthen their influence in the region.' said Siemon Wezeman, Senior Researcher with the SIPRI Arms Transfers Programme.

Russian arms deliveries remain high

The five largest suppliers of major weapons during the five-year period 2009/13 were the United States (29% of global arms exports), Russia (27%), Germany (seven percent), China (six percent) and France (five percent).

The top five suppliers accounted for 74% of the total volume of arms exports worldwide. The USA and Russia together accounted for 56% of the volume of arms exports.

“Russia has maintained high levels of arms exports despite the crisis in its arms industry in the post-cold war period. In 2009/13 Russia delivered major arms to 52 states. Russia’s most significant export in 2013 was of an aircraft carrier to India,” Wezeman said.

Imports by Gulf states on the increase

Arms imports to Arab states of the Gulf increased by 23% from 2004/08 to 2009/13, accounting for 52% of imports to the Middle East in the latter period. Saudi Arabia rose to become the fifth largest importer of major weapons worldwide in 2009/13, compared to 18th in 2004/08.

Several Gulf states have invested heavily in advanced, long-range strike systems and air and missile defence systems. This includes large orders for and deliveries of combat aircraft with precision-guided weapons from the United Kingdom and the USA.

“The United States, which accounted for 45% of arms deliveries to Gulf states, has signed a series of major deals which will maintain its high levels of arms exports to these countries. In 2013, for the first time, the US allowed the sale of long-range air launched cruise missiles to Gulf states,” Wezeman said.

Other notable developments

Brazil is increasing its arms imports. In 2009/13 it ordered four submarines from France and 2 044 armoured vehicles from Italy, and decided to buy 36 combat aircraft from Sweden.

South Korea was the eighth largest arms importer in 2009/13, receiving and ordering combat aircraft, missiles, reconnaissance aircraft and air defence radars in order to increase its capability to detect and destroy North Korean missiles.

Australia increased its imports of major arms by 83% between 2004/08 and 2009/13.

China has firmly established itself as a supplier of major arms in the same category as Germany and France and has succeeded in convincing Turkey, a member of the North Atlantic Treaty Organisation (NATO), to select Chinese air defence systems.

Imports by Azerbaijan increased by 378%between 2004/08 and 2009/13.

Sudan and Uganda, both of which are involved in a number of conflicts, accounted for 17 and 16%, respectively, of arms imports in sub-Saharan Africa.

European arms imports decreased by 25% between 2004/08 and 2009/13.

In the period 2009-13, 10 countries received 16 submarines of which eight were delivered by Germany. By the end of 2013 another 50 submarines were on order.

2014年3月28日金曜日

OP SHOTGIANT

NSAがHuaweiを監視していたようだ。
 NSAが中国の大手通信機器メーカー「華為技術」の本社サーバーに侵入
し、同社幹部の通信情報を監視していたと報じた。

NSA OP Shotgiant
・Huaweiと中国人民解放軍(PLA)との関係を探るのが目的
・2007年ごろに開始、2010年までに中国・深センの本社サーバーに侵入。
・中国政府機関(商務省や外務省等)や金融機関などの通信を監視、
 国家主席も盗聴の標的。
・Huawei創設者Ren Zhengfeiの通信を傍受。
・マルウェア感染
 米Facebookのサーバーを装う手口。
 マルウエアを添付したスパムメールを大量送信。
・マルウエアの感染では、密かにコンピュータのマイクから音声を
 拾い、Webカメラから画像を取得。ファイルのダウンロードを妨げ、
 Webサイトへのアクセスを遮断する機能も備える。

Huawei役員の通信を傍受していたとのことだから、SoftbankやDocomoだけ
でなく、多くの会社との契約を傍受していたと思う。
Huaweiが電子媒体による保存に積極的であれば、サーバに保存された契約
条件に加え、製品仕様や設計資料、販売戦略等を盗聴か。
通信データや保存データに暗号が施されていたかの詳細は不明。
Huaweiは「世界の人口の1/3を繋ぐ」とのことだから、販売した携帯電話
端末やオペレーションセンターの設備は、人民解放軍だけでなく、NSAも
多くの同じ情報を得ていた可能性がある。NSAは、GCHQと情報を共有か。

NSAは、マルウェアを感染させて情報の監視や盗聴。
最近は、ウィルスチェッカーには、マルウェアの感染防止機能がついた
ものもある。全てのコンピュータウィルスやマルウェアからの感染はでき
ないと言う。
官製ウィルスチェッカーでは、官製ウィルスや官製マルウェアに感染する
ように作られている必要がある。
全ての感染防止は無理と言う本当の理由は、官製のものに感染させる必要
があるからか。政府から独立したソフトウェア会社は存在するのか。

Stuxnet,Duga,Flameは官製か
PRISM data-collection program
GCHQ Espionage
OP Olympic Games
XKeyScore
NSA Crack Smartphone Privacy Codes
NSA analyzed GCHQ Report
NSA OPs Keep Allies Safe
NSA情報収集改革策
DROPOUT JEEP


Leaked documents show NSA targeted Chinese telecoms giant


---米NSA、中国「華為技術」に侵入し情報監視---
2014年3月23日20時44分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20140323-OYT1T00445.htm

 【ニューヨーク=加藤賢治、ベルリン=工藤武人】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は22日、米国家安全保障局(NSA)が中国の大手通信機器メーカー「華為技術(ファーウェイ)」の本社サーバーに侵入し、同社幹部の通信情報を監視していたと報じた。
 米中央情報局(CIA)の元職員エドワード・スノーデン容疑者から入手した2010年のNSA文書などを基に報じた。NSAの活動は、同社と中国人民解放軍との関係を探るのが目的で、07年ごろに開始され、10年までに中国・深センの本社サーバーに侵入した。
 一方、ドイツ誌シュピーゲル(電子版)は22日、NSAが、商務省や外務省などの中国政府機関や金融機関などの通信を監視していたほか、国家主席も盗聴の標的にしていたと伝えた。


---NSA:中国企業のネットに侵入 軍との通信など監視---
毎日新聞 2014年03月23日 19時25分(最終更新 03月24日 06時26分)
http://mainichi.jp/select/news/20140324k0000m030033000c.html

 【ワシントン及川正也】米国家安全保障局(NSA)が中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)のネットワークに侵入するシステムを構築し、同社と中国軍との間に交信があるかを調べていたと、米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)が22日報じた。米議会は同社が中国軍と連携して米企業や米政府へのサイバー攻撃に関係している疑いがあると指摘。同社は軍との連携やサイバー攻撃への関与を否定しているが、米政府は中国側のスパイ活動やサイバー攻撃への監視を強化しているものとみられる。
 同紙によると、元米中央情報局(CIA)職員のスノーデン容疑者が提供した2010年の機密資料を基に報道。NSAは同社のネットワークや製品を通じてイランなどへのスパイ活動も試みようとしていたという。
 NSAは、中国のサイバー攻撃への対抗措置として中国軍を含む20を超すハッカー集団の通信を追跡しているという。米中間では国防情報や産業情報のスパイが問題になっており、24日の米中首脳会談でも議題になる見通し。


--- NSA、Facebookを装う手口などで盗聴活動を拡大---米サイトの報道---
2014/03/13
鈴木 英子=ニューズフロント
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20140313/543282/?ST=security

 米政府による監視活動を主要テーマにした米ニュースサイト「Intercept」は現地時間2014年3月12日、米国家安全保障局(NSA)が監視活動をますます広げているとする記事を公開した。革新的な監視システムを導入し、世界中の数百万台のコンピュータにマルウエアを感染させることが可能だという。
 Interceptは、NSAの監視活動を告発した元米中央情報局(CIA)職員のEdward Snowden容疑者から入手した機密文書によって明らかになったことだとして伝えている。
 問題の盗聴活動では、コンピュータに入り込む最初の手段として、米Facebookのサーバーを装う手口を使用するほか、マルウエアを添付したスパムメールを大量送信する。マルウエアは、密かにコンピュータのマイクから音声を拾い、Webカメラから画像を取得する。ファイルのダウンロードを妨げ、Webサイトへのアクセスを遮断する機能も備える。
 この監視システムは当初、従来の監視手段が通用しない数百人の対象者のみに使われていたが、NSAは過去10年で積極的に自動化を進め、ハッキング活動を拡大してきたと見られる。
 盗聴ネットワークは米メリーランド州フォートミードにあるNSA本部のほか、英国や日本にも拠点があるという。
 Facebookを偽装する手口では、インターネットユーザーがFacebookサイトにアクセスしようとすると、NSAのコンピュータがそのリクエストを検知し、Facebookのサーバーからのトラフィックに見せかけてNSAのサーバーからデータを返す。ユーザーは、FacebookのWebページを読み込んでいるつもりで、実はNSAが配信するマルウエアをダウンロードしてしまう


---NSA hacked into servers at Huawei headquarters, reports say---
Marc Ferranti
Mar 23, 2014 10:40 AM
http://www.pcworld.com/article/2110960/nsa-hacked-into-servers-at-huawei-headquarters-reports-say.html

The U.S. National Security Agency has hacked into Huawei Technologies servers, spied on communications of company executives and collected information to plant so-called backdoors on equipment from the Chinese networking manufacturer, according to reports published over the weekend.

In response, the NSA said that it declines to comment on specific, alleged foreign intelligence activities. In a statement emailed to the IDG News Service, the agency elaborated, saying that “NSA’s activities are focused and specifically deployed against-and only against-valid foreign intelligence targets in response to intelligence requirements.”

Huawei officials were not immediately available for comment.

The latest reports are part of a long-running cyberespionage saga. U.S. officials have contended for years that China’s People’s Liberation Army (PLA) works with manufacturers and hacking groups to spy on U.S. companies and government agencies.

Since last June, documents leaked by former U.S. intelligence contractor Edward Snowden and published by various news organizations have shown that the NSA has conducted its own surveillance campaigns, including programs to hack into equipment from Chinese networking manufacturers.

But according to new reports over the weekend from The New York Times and Der Spiegel and based on documents leaked by Snowden, the NSA succeeded in penetrating equipment at Huawei headquarters in a plan to monitor communications on the company’s networking equipment worldwide.

The NSA “pried its way” into Huawei servers at the company’s headquarters in Shenzhen, China, according to an online report in The New York Times Saturday.

The operation, code-named “Shotgiant,” was to try to establish long-suspected links between Huawei and the PLA, and also to plant backdoors on Huawei equipment sold worldwide, according to the Times.

Among the information cited by newspaper was a 2010 document detailing Shotgiant operations. However, covert operations against Huawei go as far back as 2007, The New York Times report said. The NSA also monitored communications of Huawei executives, the report said.

One goal of Shotgiant was to place backdoors on Huwei technology in order to monitor communications on network equipment acquired by the company’s customers, which include U.S. allies and adversaries, according to the report.

The report in the Times does not specify how successful this was, since technical details of the operation were withheld from publication at the request of the U.S. government, according to the newspaper.

The NSA is taking pains to distinguish its surveillance activities from those of China. U.S. government and business officials claim Chinese spying activities are intended, among other things, to gain commercial advantage over the U.S.

“We do not use foreign intelligence capabilities to steal the trade secrets of foreign companies on behalf of-or give intelligence we collect to-U.S. companies to enhance their international competitiveness or increase their bottom line,” the NSA said in an emailed statement Sunday.

“It is important to note the overlay of law, regulation, policy, procedure, technical safeguards, training, culture, and ethos in the use of such tools; all of these things govern how NSA deploys various foreign intelligence techniques to help defend the nation,” the NSA said.

The latest reports of the NSA’s spying on Huawei follow earlier news stories about efforts to place backdoors on equipment from the company.

In December last year, Der Spiegel published a report outlining how the NSA intercepts deliveries of new computer equipment en route to plant spyware. The operation was conducted by the NSA’s Office of Tailored Access Operations (TAO), which specializes in infiltrating computers, according to the report.

The newest reports this weekend say that the TAO unit by 2010 gained access to Huawei headquarters and was able to collect communications from Ren Zhengfei, the company’s founder.

The Times story, however, pointed out that none of the documents leaked by Snowden show that NSA operations proved a specific link between Huawei and the PLA.

U.S. government officials for years have suspected that Chinese networking companies have worked with the PLA. For example, a congressional committee concluded an inquiry in 2012 with members still in doubt about the security of networking equipment from Huawei and ZTE

The U.S. government has also blocked efforts by Huawei to expand its business in the country. In September 2011, for example, the U.S. Department of Commerce said it had told Huawei that the company was barred from participating in a project to build a national wireless network.

Last October, Huawei issued a company report on cybersecurity in which it suggested ways companies could work together internationally to secure networks from hacking.

“We can confirm that we have never been asked to provide access to our technology, or provide any data or information on any citizen or organization to any Government, or their agencies,” Huawei Deputy Chairman Ken Hu said in the report.

In an online article Saturday, The New York Times quoted William Plummer, a U.S.-based Huawei executive, as saying: “If such espionage has been truly conducted then it is known that the company is independent and has no unusual ties to any government, and that knowledge should be relayed publicly to put an end to an era of mis- and disinformation.”

In addition to selling networking equipment, Huwaei is also the third-largest vendor of smartphones in the world. However, as recently as Mobile World Congress last month, a Huwaei official confirmed that the company has essentially given up on the network infrastructure business in the U.S., which makes efforts to sell mobile devices in the country more difficult.


---NSA targeted Chinese telecoms giant Huawei - report---
Martin Pengelly in New York
theguardian.com, Saturday 22 March 2014 20.48 GMT   
http://www.theguardian.com/world/2014/mar/22/nsa-huawei-china-telecoms-times-spiegel

NSA created 'back doors' into networks Huawei networks
Company claims to connect a third of world's population
Report comes as Obama set to meet Xi Jinping on Monday

The National Security Agency created “back doors” into networks maintained by the Chinese telecommunications company Huawei, according to a report released on Saturday.

The report comes from a document provided by the former NSA contractor Edward Snowden and disclosed by the New York Times and Der Spiegel. It will add to embarrassment in US government circles, in light of an October 2012 US House of Representatives intelligence committee report which said US firms should avoid doing business with Huawei and another Chinese telecoms company, ZTE, because they posed a national security threat.

President Barack Obama is scheduled to meet Chinese president Xi Jinping in the Hague on Monday, during a six-day trip to Europe in which he will attempt to strengthen international opinion against Russia's occupation of Crimea. The first lady, Michelle Obama, is currently in China with her mother and two daughters; on Saturday she told an audience of students at Peking University's Stanford Centre that web access should be “a universal right”.

On Saturday, William Plummer, Huawei's vice-president of external affairs, said in an email to the Associated Press: "Huawei has declared its willingness to work with governments, industry stakeholders and customers in an open and transparent manner, to jointly address the global challenges of network security and data integrity.

“The information presented in Der Spiegel and the New York Times article reaffirms the need for all companies to be vigilant at all times."

At the time of the 2012 House report's release, intelligence committee chairman Mike Rogers said in comments broadcast on the CBS programme 60 Minutes: “Find another vendor [than Huawei] if you care about your intellectual property; if you care about your consumers' privacy and you care about the national security of the United States of America.”

In July 2013 Huawei rebutted such claims - the former CIA director General Michael Hayden also said he believed the company supplied information to the Chinese government - calling them “racist”. The same month, the UK government opened a review of the firm. In October 2013, the company's deputy chairman, Ken Hu, denied ever having been told to spy on customers.

The Times and Spiegel reports said that in an operation code-named Shotgiant, the NSA gained access to the company's servers in Shenzhen, obtaining information and monitoring communications between executives. Among those whose emails the NSA was able to read was the president of Huawei, Ren Zhengfei.

Huawei, which maintains operations in the UK despite all but ending its attempts to access the US market, due to government resistance, claims to connect a third of the world's population. It is also the world's third-largest maker of smartphones, after Apple and Samsung.

Saturday's reports quoted from the 2010 document: “Many of our targets communicate over Huawei-produced products. We want to make sure that we know how to exploit these products.”

In response to previous stories derived from documents obtained by Snowden and leaked to media outlets including the Guardian last year, the US government has repeatedly said the NSA breaks into foreign networks only for reasons of national security.

On Saturday an NSA spokeswoman, Caitlin Hayden, told the Times: “We do not give intelligence we collect to US companies to enhance their international competitiveness or increase their bottom line. Many countries cannot say the same.”

The Times quoted Plummer as saying: “The irony is that exactly what they are doing to us is what they have always charged that the Chinese are doing through us.”

Security against cyber warfare carried out by China is an increasing concern to the US. In February 2013 a US security company said it had pinpointed the existence of a unit within the People's Liberation Army responsible for a number of cyber attacks against the US.

The Times also quoted James A Lewis, a cyber security expert at the Centre for Strategic and International Studies, who said: “China does more in terms of cyberespionage than all other countries put together.”


---NSA infiltrates servers of China telecom giant Huawei: report---
WASHINGTON Sat Mar 22, 2014 5:25pm EDT
http://www.reuters.com/article/2014/03/22/us-usa-security-china-nsa-idUSBREA2L0PD20140322

(Reuters) - The U.S. National Security Agency has infiltrated servers in the headquarters of Chinese telecommunications and internet giant Huawei Technologies Co, obtaining sensitive information and monitoring the communications of top executives, the New York Times reported on Saturday.

The newspaper said its report on the operation, code-named "Shotgiant," was based on NSA documents provided by Edward Snowden, the former agency contractor who since last year has leaked data revealing sweeping U.S. surveillance activities. The German magazine Der Spiegel also reported on the documents.

One of the goals of the operation was to find any connections between Huawei and the Chinese People's Liberation Army, according to a 2010 document cited by the Times.

But the newspaper said the operation also sought to exploit Huawei's technology. It reported that the NSA aimed to conduct surveillance through computer and telephone networks Huawei sold to other nations. If ordered by the U.S. president, the NSA also planned to unleash offensive cyber operations, it said.

The newspaper said the NSA secured access to the servers in Huawei's sealed headquarters in the city of Shenzhen and got information about the workings of the giant routers and complex digital switches the company says connect a third of the world's people. The NSA also tracked communications of Huawei's top executives, the Times reported.

Der Spiegel reported that the NSA breached Huawei's computer network and copied a list of more than 1,400 clients and internal training documents for engineers. "We have access to so much data that we don't know what to do with it," the magazine cited an NSA document as saying.

The magazine said the NSA also is pursuing a digital offensive against the Chinese political leadership. It named the government targets as former Chinese prime minister Hu Jintao and the Chinese trade and foreign ministries.

'PLANS AND INTENTIONS'

"Many of our targets communicate over Huawei-produced products. We want to make sure that we know how to exploit these products," the Times quoted an NSA document as saying, to "gain access to networks of interest" around the world.

"If we can determine the company's plans and intentions," an analyst wrote in the 2010 document, "we hope that this will lead us back to the plans and intentions" of the Chinese government.

The Times also reported that as Huawei invested in new technology and laid undersea cables to connect its $40 billion-a-year networking operation, the NSA was interested in getting information on into key Chinese customers including "high priority targets - Iran, Afghanistan, Pakistan, Kenya, Cuba."

The Times quoted William Plummer, a senior Huawei executive in the United States, as saying that the company did not know it was a target of the NSA.

"The irony is that exactly what they are doing to us is what they have always charged that the Chinese are doing through us," the Times quoted Plummer as saying.

"If such espionage has been truly conducted then it is known that the company is independent and has no unusual ties to any government, and that knowledge should be relayed publicly to put an end to an era of mis- and disinformation," the Times quoted Plummer as saying.

The Times noted that U.S. officials see Huawei as a security threat and have blocked the company from making business deals in the United States, worried that it would furnish its equipment with "back doors" that could enable China's military or Chinese-backed hackers to swipe corporate and government secrets.

Snowden last year fled to Hong Kong and then to Russia, where he has asylum. The United States wants him returned to face criminal prosecution.

U.S. officials have denied the United States and NSA have spied on foreign companies to help American companies gain a competitive edge. A U.S. intelligence official said the NSA and other agencies do not provide secretly collected intelligence information that could be commercially sensitive or give a competitive advantage to U.S. firms.

U.S. officials acknowledge that in the course of assessing the economic prospects or stability of foreign countries American agencies might collect data on individual companies.

They also said the United States might collect data on foreign companies in preparation for imposing economic sanctions or taking other foreign policy-related actions against a country and its leadership, but not to aid American companies.

The Times and Der Spiegel articles were published just days before Chinese President Xi Jinping visits Europe and will hold talks with German Chancellor Angela Merkel, herself a target of electronic surveillance by the NSA.

They also were published during U.S. first lady Michelle Obama's visit to China. In Beijing on Saturday, she told an audience of college students that open access to information - especially online - is a universal right.

2014年3月27日木曜日

大津いじめ事件 二人は保護観察処分

大津いじめ事件で、二人が保護観察処分になった。
 大津市で、いじめを受けた市立中学2年の男子生徒が自殺した問題で、
大津家裁(丸山徹裁判長)は、暴行などの非行事実で送致された元同級生
の少年3人のうち2人を保護観察処分、1人を不処分とする決定を発表した。

大津家裁
・2013年5月末までに3人の事件送致。
 2013年10月31日付で少年審判の開始
・保護観察とした2人については、継続的ないじめ行為があった。
・3人は11年9月下旬、体育祭会場で男子生徒の手足を鉢巻きで縛り、
 口や脚に粘着テープを貼るなどの暴行を加えた。
・校舎内で顔を殴ったり、男子生徒のペンや筆箱を壊したりした。
・強く抵抗しない男子生徒に対する言動がエスカレートした。
 男子生徒に身体的、精神的な苦痛を与えた。
 「内省が十分に進んでいない点は軽視できない」と保護観察が必要。
・不処分となった1人について
 「男子生徒が受けた苦痛への理解が進んでいない」、
 「暴行行為に継続的に及んでいたわけではない」。
・脅迫などは「確たる証拠がない」等で認定しなかった。

被害者父親
・裁判所の判断として重く受け止めている。
・学校と市教委がいじめの背景調査を打ち切り、真相究明を阻んだ
 ことに、今さらながら強い憤りを覚える。県警と連携して迅速に調査
 していれば、より詳細な真相究明ができたのではないか。
・一日も早く更生することを心から願っている。

市教育委員会とPTA役員、校長が隠蔽しようとした事件で話題になった。
県警の一部関与も噂された。
アンケート結果に関する損害賠償請求が認められた。
政府の教育委員会制度の変更の一因かもしれない。
家裁では、結局、恐喝(?)に関して証拠がなく、認められなかったようだ。
日時や誰にいくらを示すメモがあれば、決定は変わったか。

無くならないいじめ問題は、悪ふざけとからかいが境目。
被害者がいじめと感じれば、いじめになる。
「やりすぎんなよ」といじめを容認した担任は、減給処分。
噂が無くなり職場復帰したとのこと。
生徒は担任を拒否できず、同じ問題がまた発生するか。

一部の国では、学生が教諭を評価する制度があり、学校は、学生の評価を
参考に教諭を評価するとのこと。
学生の評価は、好き嫌いはあるが、人間性を見て評価する場合が多い。
学生の評価が高い教諭は、学生に媚びているとは異なると思う。
学校側も学生の意図的な工作や媚びた教諭への評価をそのまま鵜呑みに
していないようだ。

大津市 市行政による中学生殺人隠蔽疑惑


大津いじめ殺人 加害少年二人 児相が家裁送致


滋賀県 大津市 結局いじめが自殺の要因


 「息子が命がけで作った」 大津の遺族が記者会見


---大津いじめ自殺、元同級生2人を保護観察処分---
2014年3月19日02時00分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20140318-OYT1T00633.htm

 大津市で2011年10月、いじめを受けた市立中学2年の男子生徒(当時13歳)が自殺した問題で、大津家裁(丸山徹裁判長)は18日、暴行などの非行事実で送致された元同級生の少年3人(いずれも16歳)のうち2人を保護観察処分、1人を不処分とする決定を発表した。
 保護観察とした2人については、継続的ないじめ行為があったと判断した。決定は14日付。
 決定によると、3人は11年9月下旬、体育祭会場で男子生徒の手足を鉢巻きで縛り、口や脚に粘着テープを貼るなどの暴行を加えた。保護観察となった2人はほかに、校舎内で顔を殴ったり、男子生徒のペンや筆箱を壊したりした。
 丸山裁判長は2人について、強く抵抗しない男子生徒に対する言動がエスカレートしたとし、男子生徒に身体的、精神的な苦痛を与えたと指摘。そのうえで「捜査や審判を経ても内省が十分に進んでいない点は軽視できない」と判断、保護観察が必要と結論付けた。
  不処分となった1人については「男子生徒が受けた苦痛への理解が進んでいない」と言及する一方、「暴行行為に継続的に及んでいたわけではない」とした。


---大津いじめ自殺、元同級生2人を保護観察…家裁---
2014年3月19日  読売新聞
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20140319-OYO1T00144.htm?from=top

 大津市で2011年10月、いじめを受けた市立中学2年の男子生徒(当時13歳)が自殺した問題で、大津家裁(丸山徹裁判長)は18日、暴行や器物損壊などの非行事実で送致された元同級生の少年3人(いずれも16歳)のうち2人を保護観察処分、1人を不処分とする決定を発表した。保護観察とした2人については、継続的ないじめ行為があったと判断した。決定は14日付。
 決定によると、3人は11年9月下旬、体育祭会場で男子生徒の手足を鉢巻きで縛り、口や脚に粘着テープを貼るなどの暴行を加えた。保護観察となった2人はほかにそれぞれ、顔を殴ったり、男子生徒のペンや筆箱を壊したりした。
 丸山裁判長は2人について、強く抵抗しない男子生徒に対する言動がエスカレートしたとし、男子生徒に身体的、精神的な苦痛を与えたと指摘。そのうえで「捜査や審判を経ても内省が十分に進んでいない点は軽視できない」と判断、保護観察が必要と結論付けた。
 不処分となった1人については「男子生徒が受けた苦痛への理解が進んでいない」と言及する一方、「暴行行為に継続的に及んでいたわけではない」とした。
 男子生徒の父親(48)は決定に対し、「少年らが非行事実に十分向き合っていないとするなら大変残念。いじめは人を追いつめる恐ろしい行為だと分かってほしい。少年らが反省し、1日も早く更生することを願う」との談話を発表した。
 この問題を巡っては、大津市の第三者調査委員会が昨年1月、「いじめが自殺の直接的な要因だった」とする報告書を公表。男子生徒の遺族が、大津市や少年3人らを相手取り、損害賠償を求める訴訟を大津地裁に起こし、係争中。

保護観察処分
家裁決定の要旨
 少年と男子生徒は、もともとは良好な関係であったことがうかがわれるが、男子生徒が強い抵抗や関係を拒絶する意思を表明しない中、言動はエスカレートし、「からかい」「ふざけ合い」の限度を超えていた。
 継続的に被害を受けた男子生徒の身体的、精神的苦痛が軽いものであったとは認めがたく、各非行は相応の悪質性のある行為だったと評価すべきで、問題性を軽く見ることはできない。
 少年は、自身の行為が苦痛を与えていたことについて理解が進んでいない。捜査や審判を経ても内省が十分に進んでいない点は軽視できない。保護観察に付し、専門家による継続的かつ周到な指導で内省を深めさせ、社会適応を図っていくことが必要。


---教育委員「直後の対応反省」…大津いじめ---
2014年3月19日  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20140319-OYT8T00320.htm

 大津市で2011年10月、いじめを受けた市立中学2年の男子生徒(当時13歳)が自殺した問題で、大津家裁が18日、加害者とされる3少年に対する審判の決定内容を公表したことで、社会に大きな波紋を投げかけた問題は節目を迎えた。
 学校現場での悲しい出来事は、男子生徒が尊い命を絶った意味をかみしめ、これで終わりにしよう。関係者はいじめ対策の充実を改めて誓った。
 「からかいやふざけ合いの範囲を超えていた」。家裁の決定は、そう明記した。いじめの加害者とされる3人について、家裁は2人は保護観察処分、1人は不処分と処遇に違いをつけたが、3人のいずれもが男子生徒へのいじめに関わっていた点は認定した。捜査機関の聞き取りに対しても、係争中の民事訴訟でも、3人は「遊びだった」といじめの意図を否認している。しかし家裁は「男子生徒が受けた屈辱感に照らせば、遊びでは片づけられない」と指摘した。
 家裁は昨年5月末までに3人の事件送致を受け、同年10月31日付で少年審判の開始を決定。異例の合議制を敷き、非行事実の内容や3人を取り巻く環境、現在の心境などを慎重に調べた。7回を数えた審判では、非行事実の内容確認に多くの時間が割かれたという。捜査機関が送致した非行事実の中でも脅迫などは「確たる証拠がない」などとして認定しなかった。
 この日夕、地裁で開かれた記者会見には報道関係者約30人が詰めかけた。今月14日に開かれたという終局審判での少年らの様子や、裁判長の説諭内容への質問が相次いだが、職員らはそれを明らかにしなかった。
 大津市の第三者調査委員会の委員を務め、現在、大津市教育委員の職にある桶谷守・京都教育大教授は「少年たちは自分のしたことをしっかり反省した上で、自分の人生を歩んでほしい。それが男子生徒の死に報いることになる。私たち教育委員は、事件後すぐに加害生徒たちの指導に当たれなかった事実を反省点とし、教委と学校、保護者が一体となって子どもを適切に指導できる体制作りに励む」と話した。


---中1自殺、アンケート結果開示せず…遺族は希望---
2014年3月19日  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20140319-OYT8T00341.htm

 いじめにあっていた山形県天童市の市立中学1年の女子生徒が自殺した問題で、市教委の水戸部知之教育長は18日、「生徒のプライバシーにも配慮する必要がある。第三者(の調査)委員会にはアンケートを提供して審議してもらうが、公表は控えたい」と述べ、遺族が求めるアンケート結果の開示に応じない方針を示した。
 一方、生徒、教職員への聞き取り調査の結果については遺族に報告するとした。
 同日の市議会総務教育委員会で、アンケート結果の開示について見解を問われた水戸部教育長は、「伝聞やインターネットなど(が情報源)の不正確なものが多かった。事実に即していたかどうかを(生徒から面談で)丁寧に聞き取ったので、何が起こったかは十分知りうる」と説明し、開示は必要ないとした。
 このほか、面談が生徒1人に教員2人の形式で行われたことに関しては、「子供の心情をくみ取りながら話を聞き取ったので、強圧的なことはないと信じている」と話した。いじめの有無については「いじめと思われる事実があったと認識している。解明は第三者委員会に課せられている」と述べるにとどまった。
 市教委の元木満学校教育課長は委員会終了後、学校が遺族に対して「口外しない」「持ち出さない」ことなどを条件にアンケート結果を1度開示したことについて、「開示が正しかったのかどうか検討する必要がある」と述べた。また、生徒への聞き取り結果について「身体的な暴力はなかった」ことを明らかにした。
 遺族の代理人を務める安孫子英彦弁護士は「納得がいかない。遺族は『学校が都合の悪い事実を隠蔽しようとしているのではないか』と危惧している。再度、全面開示を要望する予定だ」と話した。
 大津市の中学2年男子生徒がいじめを苦に自殺した問題では、アンケート結果を「部外秘にする」との確約書を学校から求められた遺族が、市を相手取り損害賠償を求めて提訴。1月の大津地裁判決は「(アンケートの)一切の利用を禁止した確約書は違法。個人名以外まで不開示とした処置も不適切」として、市に30万円の支払いを命じた。


---大津いじめ:自殺少年の父親、元同級生に「真摯に反省を」---
毎日新聞 2014年03月18日 21時27分(最終更新 03月18日 21時44分)
http://mainichi.jp/select/news/20140319k0000m040103000c.html

 大津家裁の決定を受け、自殺した男子生徒の父親(48)は、弁護士を通じて「裁判所の判断として重く受け止めている」とするコメントを発表した。一方で、自身が告訴した非行内容の全ては認定されなかったことに触れ、「学校と市教委がいじめの背景調査を打ち切り、真相究明を阻んだことに、今さらながら強い憤りを覚える。県警と連携して迅速に調査していれば、より詳細な真相究明ができたのではないか」と悔しさをにじませた。
 また、3人の元同級生について「暴言もプロレスごっこも『いじめ』であり、人を追い詰める行為だと分かってほしい。真摯(しんし)に反省し、被害者に謝罪することで、初めて更生の道が開けるのではないでしょうか」と言及。「一日も早く更生することを心から願っている」と結んだ。

2014年3月26日水曜日

MH370 捜索打切りが狙いか

MH370捜索打切りが狙いかもしれない。
 クアラルンプール発北京行きのマレーシア航空370便(Boeing 777-200型
機、乗員・乗客239人)が消息を絶った問題で、豪州沿岸警備隊などは、
残骸とみられる物体が見つかったインド洋の捜索を継続した。

豪州沿岸警備隊
・捜索は、豪西部パース南西沖約2500kmの海域で行われており、範囲は
 3万6000平方kmに及ぶ。
・豪州とニュージーランドの哨戒機4機と大型ジェット機2機が参加し、
 豪海軍の補給艦1隻も加わる。民間商船2隻も活動を支援。

日本国際緊急援助隊
・海自哨戒機P3C 2機は、マレーシアから豪州に拠点を移し、
 インド洋での捜索活動に参加する予定。

消息不明から2週間以上が過ぎ、搭乗者の生存確率はかなり低いと判断を
始める頃と思う。それでもマレーシア政府の情報は、小出しに公表。
捜査能力や解析技術がないのか、隠蔽をしているのかは不明。

軍事衛星や民間衛星の識別力は0.41m以下とのことだから、5m長や24m長の
漂流物は、十分に解析可能。
北朝鮮がミサイルを発射しなければ、日米共にMH370捜索の支援はできた
のかもしれない。北朝鮮による中国への嫌がらせか。

衛星の識別力は、特定秘密に該当とのことだから、日米の国防省は、確認
していても、証拠を公表できず、非効率な捜索支援を主張するだけだろう。
豪中が提供した衛星写真から識別能力をある程度検証か。

高解像度航空写真のインターネット公開における注意喚起.pdf
以前の資料ながら、航空写真の識別力は低空飛行ながら、飛行速度200km/h
でGSDは数cmとのこと。
米中共に長距離飛行ができ、高解像度の写真が取れると言われるUAVを
捜索に投入たとの報道は見当たらない。

中国は、印領海のアンダマン・ニコバル諸島周辺での捜索要請。
人命よりも損得が優先する中国。
南シナ海、軍事衛星情報、哨戒機情報、印領海等の情報を一挙に獲得、
中国の陽動作戦疑惑が強まるか。
民間機捜索に軍の装備品を提供する国は少ない。

マレーシア政府の記者会見は、小出しの情報に、変遷する証拠。
時間を無駄にかけて、捜索打切りを狙うとの報道も出始めた。
一番設けたのは、利ざやを稼いだマレーシア航空株式所有者か。
MH370のACARSは、少し公表したが、管制室による管制官と運行便パイ
ロットとの交信記録は非公開のままか。

マスメディアの情報操作なのか、間違いなのか不明だが、「この記事は
間違っている」と発言する航空解説者が出現。過去の解説者とは少し異
なるようだ。

光学5号機 識別力41cm
グローバルホーク 日本へ負担要求
秘密保護法諮問会議 隠蔽拡大へ
MH370 消息不明


Missing Malaysia Airlines Flight MH370: The Story So Far - Day Four


P-8A Poseidon U.S.Navy USAF Kadena Airbase RWY05 takeoff&landing Okinawa Japan


海軍052D型昆明


---マレーシア不明機はインド洋に墜落、ナジブ首相が発表---
2014.03.25 Tue posted at 10:11 JST
http://www.cnn.co.jp/world/35045607.html

 マレーシア・クアラルンプール(CNN) マレーシアのナジブ首相は24日、消息を絶ったマレーシア航空の旅客機はインド洋南部に墜落したとの結論に至ったと発表した。現場の海域で行われている捜索は、25日は悪天候のため中止になり、天候が回復すれば26日に再開する。
 ナジブ首相によると、同機から人工衛星に送信され続けていた信号のデータを英国の衛星企業インマルサットと英航空事故調査機関が解析した結果、インド洋南部で信号が途絶えていたことが分かった。現場の海域は「着陸可能などの地点からも遠く離れている」という。
 これに先立ちマレーシア航空は、「MH370型機は失われ、生存者はいないと判断するほかありません」とするメールを搭乗者の家族らに送信していた。残骸が見つかれば、家族のためにオーストラリア行きの便を手配するとしている。
 北京のホテルで待機している乗客の家族らは、同航空関係者から「全員絶望」と説明されたと語った。
 マレーシア航空MH370型機は8日、乗員乗客239人を乗せてクアラルンプールから北京に向かう途中で消息を絶った。同機に何が起きたのかはまだ分かっていない。
 マレーシア警察は、乗っ取り、妨害工作、乗客または乗員の精神的問題や個人的問題の4つの可能性に焦点を絞り、50人以上から事情を聴くなどして捜査を進めている。
 インド洋南部の海域では24日も、日本やオーストラリア、中国、米国の航空機10機が捜索に当たった。オーストラリア海上保安局(AMSA)は同日、この海域で2つの物体を発見したと発表。1つは「オレンジか緑色の円形」、もう1つは「オレンジ色の長方形」をしていたという。
 マレーシアのヒシャムディン運輸相代理によれば、AMSAは25日朝までに物体を回収したい意向。オーストラリアの海軍艦「HMASサクセス」も現場の海域に向かっている。


---北、2日連続でミサイル発射…米韓訓練けん制か---
2014年3月23日22時03分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20140323-OYT1T00158.htm

 【ソウル=吉田敏行】韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮軍は23日午前0時52分から同2時21分にかけて、東海岸の元山付近から日本海に向けて短距離ミサイル計16発を発射した。
 射程は推定60~70キロ・メートルで、公海上に落下した。22日にも短距離ミサイル計30発を発射しており、2日連続。
 北朝鮮は2月21日以降、短距離ミサイルなどを日本海側に相次いで発射している。韓国で4月中旬までの予定で実施中の米韓両軍による野外機動訓練「フォール・イーグル」をけん制する狙いとみられる。


---軍事機密探られる…インド、中国の捜索応援拒否---
2014年3月23日10時53分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20140323-OYT1T00166.htm

 【ニューデリー=田原徳容】消息を絶ったクアラルンプール発北京行きのマレーシア航空370便の捜索を巡り、インドが、インド洋の軍事的要衝となるアンダマン・ニコバル諸島周辺での中国の捜索応援を拒否していたことがわかった。
 国防省幹部は読売新聞の取材に「捜索を口実に軍事機密を探る可能性があるためだ」と語った。
 インドの空海軍は、マレーシアの要請で同諸島周辺の捜索を断続的に行っている。国防省関係者によると、中国はフリゲート艦など4隻を捜索の応援で派遣することへの許可をインドに求めたが、インドは「必要ない」と回答した。その後、中国海軍が無断でインド領海での捜索活動をしたことが判明し、インド政府は21日、駐インド中国大使に注意したという。


---中国最新鋭ミサイル駆逐艦が就役、南海艦隊へ---
2014年3月22日18時06分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20140322-OYT1T00528.htm

 【広州=吉田健一】中国国営新華社通信などによると、同国海軍の最新鋭ミサイル駆逐艦052D型の一番艦「昆明」(全長約157メートル、満載排水量約7000トン)が21日、就役した。
 南シナ海を管轄する南海艦隊に配備される見通し。
 22日付の中国系香港紙・文匯報は、052D型は他の駆逐艦と比べレーダー性能が大幅に強化され、対空、対艦戦闘能力ともに向上したと指摘した。海軍は数年以内に同型艦約10隻を配備するとみられている。
 上海で21日行われた昆明の就役式典には、呉勝利・海軍司令官が出席した。


---不明機、インド洋で捜索続く…航空機6機が参加---
2014年3月22日11時12分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20140322-OYT1T00215.htm

 【ジャカルタ=梁田真樹子】クアラルンプール発北京行きのマレーシア航空370便(ボーイング777―200型機、乗員・乗客239人)が消息を絶った問題で、豪州沿岸警備隊などは22日、残骸とみられる物体が見つかったインド洋の捜索を継続した。
 同隊の発表によると、捜索は21日と同様、豪西部パース南西沖約2500キロ・メートルの海域で行われており、範囲は3万6000平方キロ・メートルに及ぶ。豪州とニュージーランドの哨戒機4機と大型ジェット機2機が参加し、22日午後には豪海軍の補給艦1隻も加わる。民間商船2隻も活動を支援している。
 日本の国際緊急援助隊のうち、海上自衛隊の哨戒機P3C2機は、早ければ23日にもマレーシアから豪州に拠点を移し、同国西沖のインド洋での捜索活動に参加する予定だ。


---北、日本海に短距離ミサイル30発…3回に分け---
2014年3月22日10時51分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20140322-OYT1T00201.htm

 【ソウル=豊浦潤一】韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮軍は22日午前4時から午前6時10分にかけて、同国東海岸・元山付近から日本海に向け短距離ミサイル計30発を3回に分けて発射した。
 公海上に落下したとみられ、射程は推定60~70キロ・メートル。ミサイルの種類について分析している。
 北朝鮮は2月21日以降、短距離ミサイルなどを日本海に相次ぎ発射している。同本部は、韓国全域で4月中旬まで実施される米韓両軍の野外機動訓練「フォール・イーグル」に対する示威行動とみている。


---不明機捜索、米軍最新鋭哨戒機を投入…豪西部沖---
2014年3月20日15時29分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20140320-OYT1T00245.htm

 【ワシントン=今井隆】米国防総省のウォレン報道部長は19日、消息を絶ったマレーシア航空機が向かった可能性がある豪州西部沖海域の捜索に、米軍の最新鋭哨戒機P8を投入したことを明らかにした。
 P8はオーストラリア西部パース沖西方1500カイリの周辺海域で捜索を行っている。これまでP8が捜索していたベンガル湾には、P3C哨戒機を回した。

2014年3月25日火曜日

豪雪 自衛隊機損傷不明

豪雪による格納庫倒壊で、自衛隊機損傷は未だ不明のまま。
 海上自衛隊厚木航空基地に隣接する格納庫の屋根が2月の大雪で陥没し、
定期修理中の自衛隊や米軍の哨戒機などに被害が出た。

日本飛行機格納庫
・自衛隊機などの整備を請け負う日本飛行機の所有。
・縦約60m、横約170m。
・2月15日午前5時頃、天井部分が大きく陥没。
・格納庫
 自衛隊機 P3C、OP3C、EP3、UP3D等計6機
 米軍 哨戒機4機。
・6機の垂直尾翼が天井を突き破っている状態

国有財産である機体が損傷。
自然災害とみれば、別枠予算で、国から修理費がでる可能性があるが、
日本飛行機が格納庫解体や新設(?)の費用に加え、修理費を払うのだろうか。
さらに、米軍機の場合の修理費はどうなるのだろうか。

YS-11の機体製造会社で有名だった日飛(日本飛行機)。
今はKHIの子会社のようだ。

厚木基地勤務の人達は、隣にある他社の格納庫までは、雪かきに気が回ら
なかったか。

F2の国有財産は62億円
MHI NKM賠償金支払う
P1 エンジン不具合で飛行停止
P1飛行再開
神奈川県 米兵起訴5%


---自衛隊6機、損傷?…格納庫倒壊恐れ、全容不明---
2014年3月18日18時23分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20140318-OYT1T00547.htm

 海上自衛隊厚木航空基地(神奈川県)に隣接する格納庫の屋根が2月の大雪で陥没し、定期修理中の自衛隊や米軍の哨戒機などに被害が出た。
 格納されていた10機のうち、自衛隊機(6機)だけで調達価格は約860億円に上るが、倒壊の危険から調査が進まず、1か月が経過した今も被害の全容は判明していない。
 防衛省などによると、格納庫は、自衛隊機などの整備を請け負う日本飛行機(横浜市)の所有。縦約60メートル、横約170メートルの大きさで、2月15日午前5時頃、天井部分が大きく陥没した。当時、格納庫では、潜水艦を探知するP3Cや画像情報を収集するOP3Cなど計6機の自衛隊機が整備を受けていたほか、米軍の哨戒機4機も置かれていた。
 格納庫は30センチの積雪に耐えられるように設計されていたが、完成から約60年がたっており、同省は雪の重みで陥没したと見ている。6機の垂直尾翼が天井を突き破っている状態といい、幹部は「機体の上方から大きな圧力がかかっており、大規模な修理や検査が必要だろう」と見る。

格納庫に入っていた自衛隊機
・P3C 価格:約138億円(役割:潜水艦の探知)
・OP3C 価格:約210億円(画像情報の収集)
・EP3 価格:約121億円(電波情報の収集)
・UP3D 価格:約114億円(電子戦支援)


---格納庫屋根が雪で陥没 自衛隊機など損傷か 防衛省---
2014年2月15日21時54分
http://www.asahi.com/articles/ASG2H6F07G2HUTIL057.html

 防衛省は15日、神奈川県大和市の「日本飛行機」(本社・横浜市)の格納庫の屋根が雪の重みで陥没し、定期修理のために入っていた海上自衛隊のP3C哨戒機や米軍機が傷ついた可能性があると発表した。損傷の程度は不明で、今後詳しく調査する。
 同省によると、格納庫は幅約60メートル、奥行き約170メートル。15日午前5時ごろ、かまぼこ形の屋根の中央部が雪の重さで陥没。自衛隊機6機と米軍機4機の計10機が入っていて、一部の機体の尾翼などに屋根がぶつかったとみられる。

2014年3月24日月曜日

リビア反政府勢力 宣戦布告と批判

リビア反政府勢力は北朝鮮タンカーへの攻撃は宣戦布告と批判した。
 米国防総省は、北朝鮮国旗を掲げた石油タンカーがリビア反政府勢力
の掌握する同国東部シドラ港から原油を積み出した事件で、米海軍特殊
部隊「シールズ(SEALS)」の作戦がキプロス南東沖で行われ、タンカーを
制圧したと発表した。
 タンカーは近くリビアの港に戻る。

国防総省
・北朝鮮船籍タンカー"Morning Glory"は、KCNA所有、エジプト系の会社が運航。
・タンカーに3600万ドル相当の原油を積込み。
・作戦はリビア、キプロス両政府の要請を受け、オバマ大統領が承認。
・Seals部隊は、米海軍のミサイル駆逐艦「ルーズベルト」から出動し、
 ヘリコプターの支援を受けて作戦を実行。死傷者はなし。
・3人のリビア人実行犯を拘束。AK-47二丁が見つかったが、無抵抗。
 Ibrahim Jathranが率いる民兵の一員。
 Ibrahim Jathranは、リビア東部の自治権を主張。
・タンカーは、港に帰港。原油は政府に返却される予定。

原油の闇市場へ行くのか。
不明タンカーのためかKCNAは、所有を破棄したようだ。
原油を貯蓄し、船舶へ積込可能な設備を保有する地区を反政府勢力が
制圧していると原油も密輸(?)が可能になる。

独裁者カダフィが死亡し、駐在米国大使館を破壊した勢力が原油を密輸
している。リビア政府は、米国の支援を継続のようだ。

北朝鮮は、タンカーを売って、原油が欲しかったのか、外貨を手に入れ
たかったのかは不明。タンカーの鉄くず代は安価なのだろうか。

リビア油田利権
北朝鮮外交官 偽札数十億円換金
IRS Scandal
Statoil Report
Benghazi Facility
NAVY Fraud and Bribery
クリミア独立か
装備品修理部品押収 北朝鮮大使館員が関与か


---北の国旗のタンカー、リビア出港…米部隊が制圧---
2014年3月18日07時53分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20140317-OYT1T00874.htm

 【ワシントン=今井隆】米国防総省は17日、北朝鮮国旗を掲げた石油タンカーがリビア反政府勢力の掌握する同国東部シドラ港から原油を積み出した事件で、米海軍特殊部隊「シールズ(SEALS)」の作戦が16日にキプロス南東沖で行われ、タンカーを制圧したと発表した。
 タンカーは近くリビアの港に戻る。
 国防総省によると、作戦はリビア、キプロス両政府の要請を受け、オバマ大統領が承認した。部隊は、米海軍のミサイル駆逐艦「ルーズベルト」から出動し、ヘリコプターの支援を受けて作戦を実行。死傷者はなかった。タンカーは、武装したリビア人3人が乗っ取ったものだったという。


---原油積み込みの北朝鮮タンカー、リビア政府が爆撃警告---
2014年 03月 10日 10:18 JST
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYEA2901A20140310

[トリポリ/ベンガジ 9日 ロイター] -リビアの反政府勢力が掌握する東部シドラ港に北朝鮮国旗を掲げた石油タンカーが入港し、原油を積み込んだことが分かり、リビア政府はタンカーが出港すれば、爆撃も辞さない構えを示している。
 アルワサト紙によると、タンカーは8日入港し、3600万ドル(約37億円)相当の原油を積み込んだ。政府当局者は9日、海軍や政府系の民兵組織がタンカーの出港を阻止するため、現場に艦船を派遣したと明らかにした。
 一方、反政府勢力はタンカーへの攻撃は「宣戦布告」だとして、政府側の対応を批判した。元兵士らから成る反政府勢力は、東部の3港を占拠している。


---Navy SEALs seize tanker in illegal sale of Libyan oil---
By Laura King
March 17, 2014, 3:52 p.m.
http://www.latimes.com/world/middleeast/la-fg-libya-seizure-20140318,0,118484.story#axzz2wHNBJz97

The tanker had left port in defiance of Libya's government, which warned rebels against the illegal sale of $36 million in crude.

CAIRO - Did a charismatic Libyan rebel chieftain with big ambitions overreach?

Trying to put a $36-million cargo of crude oil on the black market was an extraordinarily bold move by Ibrahim Jathran, a militia commander whose fighters played a role in the NATO-backed rebellion three years ago against longtime dictator Moammar Kadafi.

In the early hours Monday, Jathran lost his gamble when U.S. Navy SEALs seized control of the tanker Morning Glory, which sailed a week ago from an oil port in eastern Libya. Jathran's forces had captured the terminal more than six months earlier as part of a broader bid for greater regional independence - and a bigger share of oil revenue.

The U.S. raid, staged at sea about 15 miles south of the Cypriot coast, came at the behest of the governments of Libya and Cyprus, the Pentagon said in a statement. President Obama personally approved the operation.

"No one was hurt tonight when U.S. forces … boarded and took control of the commercial tanker Morning Glory," the statement said. The SEAL team, backed by helicopters, launched the overnight raid in international waters from the guided-missile destroyer Roosevelt, U.S. military officials said.

The team of SEALs that boarded the ship was "unopposed" and no shots were fired during the operation, said two military officers briefed on the details. They requested anonymity because they were not authorized to comment publicly. Three Libyans were taken into custody and will be turned over to Libyan authorities, they said.

"They did not resist," one of the military officers said of the Libyans, though two AK-47s were found.

The officials refused to say how the SEALs got aboard the tanker or how many commandos were involved, but one said the figure was between 10 and 50.

After securing the tanker, the SEALs were replaced by 25 sailors from the nearby guided-missile destroyer Stout, who are assisting the tanker's 21-member crew in taking the vessel back to a Libyan port, a voyage expected to take three to four days.

The episode marked the latest chaotic turn of events for Libya, which has been beset by turmoil in the post-Kadafi era. A weak central government has been struggling to maintain some semblance of control, while armed groups, some of them tribally based, have surged in the power vacuum, some loosely allying themselves with the government and others challenging it.

Jathran's militia is among the most high-profile in Libya. He set up what was intended to be a de facto government in the country's oil-rich east. But the rebel blockade of key ports and the seizure of oil installations have reduced crude output to a trickle, causing more hardship in an already-impoverished region as revenue from the capital, Tripoli, also dried up.

Adding to the sense of crisis, a car bomb exploded Monday outside a military academy in the eastern city of Benghazi, killing at least seven newly minted officers and guests after a graduation ceremony. Military installations and personnel have become a prime target around Benghazi, scene of a notorious attack 18 months ago on a U.S. diplomatic compound, in which American Ambassador J. Christopher Stevens was killed.

The North Korean-flagged tanker's departure from the port of Es Sider came in defiance of ineffectual threats from Libya's beleaguered prime minister, Ali Zeidan. After repeatedly declaring that he would deploy armed forces to prevent the vessel from setting sail, Zeidan was ousted by lawmakers hours after it left port last week.

His defense minister, Abdullah Thinni, stepped in as his interim replacement. Zeidan, who fled the country, said the parliamentary move against him was invalid.

Libya's leadership may now face a backlash for seeking U.S. help in dealing with the oil theft. A furor erupted in October when American commandos slipped into Tripoli and seized a senior Al Qaeda member known as Abu Anas al Liby. At the time, the Libyan government publicly demanded an explanation and called the capture a "kidnapping."

But with Libya's vast oil reserves virtually its only national asset, and with those riches tied up in a web of international financial obligations, the government had little choice. The official news agency LANA reported the tanker raid simply by citing the Pentagon statement, without any immediate comment from Libyan officials as to what they knew and when.

A few hours before the SEALs operation was announced, Libya's justice minister made comments that seemed aimed at preparing the public for the news. The minister, Salah Merghani, told journalists in Benghazi that the tanker's journey was being closely monitored and that the U.S. and the European Union were "clear in their stance" that the rebels' attempted oil sale went against international law.

The tanker was being returned to Libya, the Pentagon said, presumably to a port under the control of government forces. North Korea said the vessel bore its flag in error and said it had no connection with its owners, thought to be in Egypt or one of the Persian Gulf states.


---US navy Seals take over oil tanker seized by Libyan rebels---
Chris Stephen in Tripoli
theguardian.com, Monday 17 March 2014 11.30 GMT   
http://www.theguardian.com/world/2014/mar/17/navy-seals-oil-tanker-morning-glory-libyan-rebels

Pentagon says the Morning Glory, loaded with L12m cargo of crude oil, will be handed to Libyan government control

American navy Seals have seized a North Korea-flagged tanker that had been loaded with crude oil at a rebel-held port in eastern Libya, the Pentagon said on Monday.

The operation to take control of the Morning Glory took place a week after Libya failed to prevent the tanker from leaving the rebel-controlled eastern port of Es Sider loaded with an estimated $20m (L12m) cargo, in a crisis that has brought the country to the brink of civil war.

"The Morning Glory is carrying a cargo of oil owned by the Libyan government's national oil company," said John Kirby, a Pentagon spokesman. "The ship and its cargo were illicitly obtained from the Libyan port of Es Sider."

There were no casualties in the operation, which took place in international waters off the coast of Cyprus late on Sunday night. The raid was authorised by the US president, Barack Obama, after receiving a request for assistance from Tripoli. The Seals boarded the 21,000-tonne tanker using helicopters and fast boats from a warship, the USS Roosevelt.

The Pentagon said a US navy crew was piloting the tanker towards an unnamed Libyan port where it will be handed to government control.

In Libya, US ambassador Deborah Jones, who described the rebel actions last week as "theft from the Libyan people", tweeted: "Yes we can" in reaction to the operation on Monday. "Glad we were able to respond positively to Libya's request for help in preventing illegal sale of its oil on stateless ship," she wrote.

Meanwhile, two Israelis and a Senegalese national were briefly detained in Cyprus on suspicion of negotiating to buy crude from the tanker, it was reported on Monday.

The three people were detained in the coastal city of Larnaca on Saturday, but a local court declined to issue arrest warrants as authorities in Cyprus had no evidence that the alleged offence was committed within its territorial waters.

Local media said the three flew to Larnaca on a private jet late on Friday, hired a boat from the marina and went out to the tanker to negotiate with the crew. Police monitored their movements and the boat was intercepted once they were back in Cypriot waters. The trio flew to Tel Aviv on Sunday night.

The US raid took place amid growing fears that Libya is headed towards breakup, with rebel forces in the eastern province of Cyrenaica declaring last week their intention to sell oil independently.

Rebel leaders have been blockading eastern oil ports since last summer, calling for autonomy for Cyrenaica and a greater share of Libya's oil wealth.

Last week, a Libyan gunboat failed to prevent the Morning Glory leaving Es Sider with at least 234,000 barrels of crude.

The ship was operated by an Egyptian-based company that was allowed temporarily to use the North Korean flag under a contract with Pyongyang, the North Korean state news agency, KCNA, reported on Wednesday.

Pyongyang had "cancelled and deleted" the ship's North Korean registry, as it violated its law "on the registry of ships and the contract that prohibited it from transporting contraband cargo".

"As such, the ship had nothing to do" with North Korea, which "has no responsibility whatsoever as regards the ship," according to KCNA.

The ship's escape prompted Libya's congress to fire its prime minister, Ali Zeidan, who fled to Germany last week claiming that his life was in danger.

Government militias ordered to take the oil ports by force clashed last week with a Libyan army unit near the coastal town of Sirte, and rebel forces have since taken up positions blocking approaches to the ports.

Washington's action is seen as a signal of US support for Libya's elected authorities, and comes after rebels declared their intention to load oil into a second tanker expected to dock at the blockaded port of Tobruk.

Three years after its Arab spring revolution, which overthrew Muammar Gaddafi, Libya suffers from militia violence and an ailing economy, with the government struggling to maintain control over much of the country.

On Monday morning, a car bomb ripped through a graduation parade at a military academy in Benghazi, capital of Cyrenaica, killing at least 14 people.

The bomb struck as the cadets paraded at the base before their families, pulverising the vehicle and scattering wreckage and body parts across the compound and nearby highway.

"There are body parts everywhere," said one witness. "The explosion happened at rush hour, there were lots of people passing by." Benghazi's joint operations room said city hospitals had received 14 dead and 12 wounded.

There was no immediate claim of responsibility for the bombing and it is unclear whether the attack was connected to the oil dispute, but it came amid daily killings of security officials in the city and periodic battles between the army and radical militias.

2014年3月21日金曜日

FDIC 16行に訴訟

FDICが16行に対し訴訟を起こした。
 米連邦預金保険公社(FDIC)は、LIBORの不正操作に関わったとして、
三菱東京UFJ銀行や農林中央金庫のほか、米バンカメやドイツ銀行を
含む世界の大手銀行16行に対し訴訟を起こした。

FDIC
・LIBORの不正操作が行なわれたことで、38行の銀行が多大な損害を被った。
 管理下38行
 Washington Mutual Bank,IndyMac Bank FSB,Colonial Bank等。
・対象
 MUSG,農林中央金庫,BAC,Deutche Bank,
 Barclays,Citigroup,Credit Suisse,HSBC,JPMorganChase,RBS,UBS,
 Rabobank,Lloyds Banking,Societe Generale,RBC,WestLB,BBA。

巨額の詐欺(?)被害となった弱小金融機関。
FSBがつぶさないとした金融機関による不正操作が多い。
これらの金融機関を利用している人は、何らかの被害にあっていたと思う。
訴訟を起こされた金融機関の業務担当者全てが刑事事件で訴追となって
おらず、公正が問われるかもしれない。訴追は今後も増加か。

FSBが保証したLIBOR詐欺疑惑銀行
SFO LIBOR不正操作関係者訴追へ


---米FDIC、LIBOR不正操作めぐり三菱東京UFJ含む世界の大手16行に訴訟---
2014年 03月 15日 06:49 JST
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0MB4TU20140314

[ニューヨーク 14日 ロイター] - 米連邦預金保険公社(FDIC)は14日、LIBOR(ロンドン銀行間取引金利)の不正操作に関わったとして、三菱東京UFJ銀行や農林中央金庫 のほか、米バンク・オブ・アメリカ(バンカメ) やドイツ銀行 を含む世界の大手銀行16行に対し訴訟を起こした。
 訴訟の対象となったのはほかに、英バークレイズ 、米シティグループ 、クレディ・スイス 、英HSBCホールディングズ 、米JPモルガン・チェース 、英ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS) 、UBS 、ラボバンク 、ロイズ・バンキング・グループ 、仏ソシエテ・ジェネラル(ソジェン) 、ロイヤル・バンク・オブ・カナダ 、ウエストLB。
 当時LIBORを算出していた英銀行協会(BBA)も訴訟の対象となっている。
 FDICは不正操作が行なわれたことで、米当局が管理下に置いた38行の銀行が多大な損害を被ったとしている。
 LIBOR、および欧州銀行間取引金利(EURIBOR)の不正操作をめぐっては、これまでに欧米当局が銀行と証券会社10社に罰金の支払いを命じており、13人の個人が責任を問われている。


--- BofA, Citigroup, Credit Suisse Sued by FDIC Over Libor---
By Bob Van Voris Mar 15, 2014 4:31 AM GMT+0900
http://www.bloomberg.com/news/2014-03-14/bofa-citigroup-credit-suisse-sued-by-fdic-over-libor.html

Bank of America Corp., Citigroup Inc. (C) and Credit Suisse Group AG (CSGN) were among 16 of the world’s biggest banks sued by the U.S. Federal Deposit Insurance Corp. for allegedly manipulating the London interbank offered rate from 2007 to 2011.

The FDIC, acting as receiver for 38 failed banks including Washington Mutual Bank, IndyMac Bank FSB and Colonial Bank, claimed that institutions sitting on the U.S. dollar Libor panel “fraudulently and collusively suppressed” the U.S. Libor rate. Also named in the suit, filed today in Manhattan federal court, is the British Bankers Association, an industry group.

The failed banks “reasonably expected that accurate representations of competitive market forces, and not fraudulent conduct or collusion,” would determine the benchmark, the FDIC said in its complaint.

Regulators around the world have been probing whether firms colluded to manipulate interest-rate benchmarks including Libor, which affects more than $300 trillion of securities worldwide. Financial institutions have paid about $6 billion so far to resolve criminal and civil claims in the U.S. and Europe that they manipulated benchmark interest rates.

The cost for global investment banks could climb to $46 billion, analysts at KBW, a unit of Stifel Financial Corp., said in a report last year. JPMorgan Chase & Co. (JPM) and HSBC Holdings Plc may face a European Union complaint as soon as next month from the bloc’s antitrust chief.

Investigators claim the banks altered submissions used to set the benchmark to profit from bets on interest-rate derivatives or to make the lenders’ finances appear healthier.
Higher Prices

In the suit filed today, the FDIC claimed the fixed rates caused the failed banks to pay higher prices for Libor-based financial products and to get lower interest payments from the defendants and others.

The FDIC alleges the banks committed fraud and violated U.S. antitrust laws in fixing the U.S. dollar Libor benchmark. It seeks unspecified damages on behalf of the failed banks, including punitive damages and triple damages for price-fixing.

Drew Benson, a spokesman for Credit Suisse, Lawrence Grayson, a spokesman for Charlotte, North Carolina-based Bank of America, and Mark Costiglio, a Citigroup spokesman, declined to comment on the suit. FDIC spokesman David Barr also declined to comment.

The case is Federal Deposit Insurance Corp. v. Bank of America Corp. (BAC), 14-cv-01757, U.S. District Court, Southern District of New York (Manhattan).


---FDIC sues banks over alleged Libor rigging---
Bloomberg News
March 14, 2014, 4:05 p.m.
http://www.latimes.com/business/la-fiw-fdic-sues-banks-over-libor-20140314,0,6595071.story#axzz2vz5hrmWu

Bank of America Corp., Citigroup Inc. and Credit Suisse Group were among 16 of the world's biggest banks sued by the U.S. Federal Deposit Insurance Corp., which alleged manipulation of the London Interbank Offered Rate from 2007 to 2011.

The FDIC, acting as receiver for 38 failed banks including Washington Mutual Bank, IndyMac Bank FSB and Colonial Bank, claimed that institutions sitting on the U.S. dollar Libor panel "fraudulently and collusively suppressed" the U.S. Libor. Also named in the suit, filed Friday in federal court in Manhattan, is the British Bankers Assn., an industry group.

The failed banks "reasonably expected that accurate representations of competitive market forces, and not fraudulent conduct or collusion," would determine the benchmark, the FDIC said in its complaint.

Regulators around the world have been probing whether firms colluded to manipulate interest-rate benchmarks including Libor, which affects more than $300 trillion of securities worldwide. Financial institutions have paid about $6 billion so far to resolve criminal and civil claims in the U.S. and Europe that they manipulated benchmark interest rates.

The cost for global investment banks could climb to $46 billion, analysts at KBW, a unit of Stifel Financial Corp., said in a report last year. JPMorgan Chase & Co. and HSBC Holdings may face a European Union complaint as soon as next month from the bloc's antitrust chief.

Investigators claim the banks altered submissions used to set the benchmark to profit from bets on interest-rate derivatives or to make the lenders' finances appear healthier.

In the suit filed Friday, the FDIC claimed the fixed rates caused the failed banks to pay higher prices for Libor-based financial products and to get lower interest payments from the defendants and others.

The FDIC alleges the banks committed fraud and violated U.S. antitrust laws in fixing the U.S. dollar Libor benchmark. It seeks unspecified damages on behalf of the failed banks, including punitive damages and triple damages for price-fixing.

Spokesmen for the banks declined to comment.

2014年3月20日木曜日

Plan to replace Fannie Mae, Freddie Mac

Fannie MaeとFreddie Macを解体するようだ。
米株式市場で、連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)と連邦住宅貸付抵当
公社(フレディマック)の株価が大幅に下落した。上院の銀行委員会指
導部が前日、政府の管理下にある両社を最終的に解体する方針で合意し
たことが材料視された。

Johnson-Crapo proposalは、Fannie MaeとFreddie Macを段階的に縮小し
閉鎖するとのこと。最近の決算では、両者と過去最高の収益を計上。
Fannie Maeは、配当支払い額合計が米政府から支援額を超えたとのこと。
サブプライムローン詐欺で、政府管理下になったが、市場回復と手数料
引上げで黒字。

Johnson-Crapo proposalは両院の承認は得られていないが、超党派の
ため、承認される確率が高いようだ。
米国は、景気が回復し始め、住宅市場が活性化なのか。
民間市場は回復しても、国の財政は悪化か。

オバマに高額献金をした二社だが、結局、米民主党らから閉鎖案が提出
され、承認されそう。オバマのご友人は、別会社に異動か。
オバマが大統領ではなくなった時に、閉鎖となれば、約束(?)は守られるか。

オバマ 公的資金投入会社から高額献金
米金融システム 世界の中心から外れるのか
米損保 GSに賠償請求
日本のハゲタカ
バンカメを民事提訴
JPMorgan 罰金130億ドル支払いへ


---ファニーメイとフレディマック大幅安、解体で上院委合意=米株市場---
2014年 03月 13日 07:36 JST
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPTYEA2B0A420140312

[ニューヨーク 12日 ロイター] -12日の米株式市場で、連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)と連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)の株価が大幅に下落した。上院の銀行委員会指導部が前日、政府の管理下にある両社を最終的に解体する方針で合意したことが材料視された。
 フレディマックは約17%下落。ファニーメイは約12%下げた。両社とも一時20%超下落した。
 前日には一時、2008年第3・四半期以来の高値をつけたが、その後ファニーメイは30%超下落。フレディマックも26.8%安となった。
 カルバート・インベストメンツ(メリーランド州)のポートフォリオマネジャー、VishalKhanduja氏は「目指しているものは住宅金融システムにとって素晴らしいが、実行するのは難しい。ファニーメイとフレディマックのコンセプト自体は残し社名だけ無くすのか、どこから民間資本を呼び込むかなど、依然不明だ」と述べた。


---ファニーメイとフレディマック大幅安、解体で上院委合意=米株市場---
2014年3月13日07時36分
http://www.asahi.com/business/reuters/CRBTYEA2B0A5.html

 [ニューヨーク 12日 ロイター] -12日の米株式市場で、連邦住宅抵当金庫(ファニーメイと連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)の株価が大幅に下落した。上院の銀行委員会指導部が前日、政府の管理下にある両社を最終的に解体する方針で合意したことが材料視された。
 フレディマックは約17%下落。ファニーメイは約12%下げた。両社とも一時20%超下落した。
 前日には一時、2008年第3・四半期以来の高値をつけたが、その後ファニーメイは30%超下落。フレディマックも26.8%安となった。
 カルバート・インベストメンツ(メリーランド州)のポートフォリオマネジャー、VishalKhanduja氏は「目指しているものは住宅金融システムにとって素晴らしいが、実行するのは難しい。ファニーメイとフレディマックのコンセプト自体は残し社名だけ無くすのか、どこから民間資本を呼び込むかなど、依然不明だ」と述べた。


---ファニーメイとフレディマック株急落-廃止道筋示す法案を嫌気---
更新日時: 2014/03/12 08:04 JST
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N2AM7K6K50Y301.html

 3月11日(ブルームバーグ):米株式市場で11日、政府支援機関(GSE)である住宅金融会社ファニーメイ (連邦住宅抵当金庫)とフレディマック (連邦住宅貸付抵当公社)普通株の株価が、取引時間中としては10カ月ぶりの大幅安となった。上院銀行委員会の有力議員が、ファニーメイとフレディマックの段階的な廃止の道筋を盛り込んだ超党派による法案を公表したことが嫌気された。
 ファニーメイの株価は11日のニューヨーク市場で一時44%急落した後に若干値を戻し、31%安の4.03ドルで終了。フレディマックは27%安の4.04ドルで取引を終えた。優先株も最大12%下落した。ワシントンを拠点とする株式調査会社ハイト・アナリティクスのマネジングディレクター、エドウィン・グロシャンズ氏が超党派の法案について、株主にとってネガティブだと発言したことに反応した。
 上院銀行委のティム・ジョンソン委員長(民主、サウスダコタ州)とマイク・クラポ議員(共和、アイダホ州)が公表した法案は、民間資本が最低10%の損失を被った段階で、ファニーメイとフレディマックの機能を政府の保証保険が引き継ぐ内容。さらに大部分の住宅ローンの借り手に対し、最低5%の頭金の支払いを求めている。


---ファニーメイの返済、米政府からの支援額を上回る-黒字基調---
更新日時: 2014/02/24 09:49 JST
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N1H3U46JIJUY01.html

 2月21日(ブルームバーグ):米政府管理下にある政府支援機関(GSE)、ファニーメイ (連邦住宅抵当金庫)の昨年10-12月(第4四半期)決算は8四半期連続の黒字となった。ファニーメイは米財務省に新たに72億ドル(約7380億円)を返済する計画で、配当支払い額の合計が金融危機後に受けた支援額(1161億ドル)を上回ることになる。
 ファニーメイの21日の当局への届け出によると、10-12月期の純利益は65億ドル。2013年通期では過去最高の840億ドルとなった。
 損失を膨らませていたファニーメイとフレディマック (連邦住宅貸付抵当公社)は、リーマン・ブラザーズ・ホールディングス破綻直前の08年9月に公的管理下に入ったが、その後の住宅市場回復や手数料引き上げが寄与して黒字転換した。
 ファニーメイから財務省への返済額は今回の配当支払いを含めると、計1211億ドルとなる。


---Plan for Fannie, Freddie Successor Unveiled---
By: Peter King - MortgageLoan.com
Wednesday, Mar 12, 2014
http://www.mortgageloan.com/plan-fannie-freddie-successor-unveiled-9678

Mortgages with as little as 5 percent down would still be allowed under a Senate proposal for replacing Fannie Mae and Freddie Mac, with first-time homebuyers allowed to put down as little as 3.5 percent.

The proposal, which is being put forward by the top Democrat and Republican on the Senate Banking Committee, provides a blueprint for winding down Fannie Mae and Freddie Mac in order to replace them with a new federal agency to be called the Federal Mortgage Insurance Corporation (FMIC).

Among the plan's key goals are to encourage an expanded role for private capital in the housing market while shielding taxpayers from liability in the event of another downturn. It also seeks to ensure the continued availability of affordable, 30-year fixed-rate mortgages, a key feature of the U.S. housing market.
Johnson-Crapo proposal

The proposal, which is being put forward by Sen. Tim Johnson (D-SD), chair of the Senate Banking Committee, and Sen. Mike Crapo (R-ID), the committee's ranking Republican, must still win approval in both the Senate and House of Representatives. However, members of both parties have been expressing their support and the administration has commended the initiative, which are positive signs for its chances.

"There is near unanimous agreement that our current housing finance system is not sustainable in the long-term and reform is necessary to help strengthen and stabilize the economy," said Sen. Johnson. " This bipartisan effort will provide the market the certainty it needs, while preserving fair and affordable housing throughout the country."

The need to replace Fannie Mae and Freddie Mac with a new mortgage finance system is one of the few things both Democrats and Republicans have agreed on in recent years. But working out an approach acceptable to both sides has been a time-consuming challenge.
Investors would absorb initial losses

The new insurer, the FMIC, would help shield mortgage investors against potential losses when loans go bad, the same as Fannie Mae and Freddie Mac do currently. However, under the new proposal private investors would absorb the first 10 percent in losses before the government-backed insurance would kick in.

That's different from the current model, where Fannie Mae and Freddie Mac guarantee the full returns on all mortgages they back.

Just as with the current model, the cost of the insurance would be covered by fees charged for guaranteeing the loans. Mortgages would also have to meet certain standards in order to qualify for FMIC, similar to the "conforming loan" standard now required by Fannie Mae and Freddie Mac.

Because the FMIC would be a federal agency, the government's guarantee of mortgages would be explicit, rather than implied as it was under the formerly semi-private Fannie Mae and Freddie Mac. The implied guarantee of the current system was blamed for underpricing mortgage risk during the expansion of the housing bubble a decade ago.
Higher rates likely

To be sure, mortgages guaranteed under the new program will likely be more costly than those currently guaranteed by Fannie Mae and Freddie Mac, since mortgage investors will be asked to take on more risk. The stated goal of bringing more private capital into the mortgage market also means mortgage rates will likely be higher than they would be under the present system, since higher returns are needed to attract private investment.

It's not clear what role private mortgage insurance (PMI) will play under the new system. Currently, Fannie Mae and Freddie Mac require that PMI be included on any mortgage with less than 20 percent down. In the event the loan goes into foreclosure, the private mortgage insurer is responsible for making up the difference between the actual down payment and 20 percent; so if the borrower had put down 5 percent of the purchase price, the private mortgage insurer would be liable for 15 percent in the event of foreclosure.

It's expected that congressional leaders will seek to get a vote on the Johnson-Crapo bill before the election season begins in earnest this summer.


---Key senators agree on plan to replace Fannie Mae, Freddie Mac---
By Jim Puzzanghera
March 11, 2014, 10:48 a.m.
http://www.latimes.com/business/money/la-fi-mo-fannie-mae-freddie-mac-senate-housing-finance-reform-20140311,0,2529598.story#axzz2vnRxHLMr

WASHINGTON -- Congressional efforts to shut down bailed-out Fannie Mae and Freddie Mac took a significant step forward Tuesday as key senators announced bipartisan agreement on a plan to overhaul the housing finance system.

The proposal, which will be detailed in the coming days, would slowly shrink the companies and replace them with a scaled-back government guarantee for mortgages.

Fannie Mae and Freddie Mac were seized by the federal government in 2008 as they neared bankruptcy from bad loans they guaranteed during the subprime housing boom.

Senate Banking Committee Chairman Tim Johnson (D-S.D.), and the panel's top Republican, Mike Crapo of Idaho, said they had reached agreement after a series of hearings last year on how to overhaul the complex housing system and reduce the role of the federal government in backing home loans.

Since the 2008 financial crisis, Fannie, Freddie and the Federal Housing Administration have backed about 90% of all new mortgages.

"There is near-unanimous agreement that our current housing finance system is not sustainable in the long term and reform is necessary to help strengthen and stabilize the the economy," Johnson said as he and Crapo released the principles they had agreed should be part of legislation.

The White House praised the announcement as "a good-faith compromise."

"We support this effort and believe it is a workable bipartisan approach to complete the biggest remaining piece of post-recession financial reform," said White House spokesman Bobby Whithorne.

While there is strong bipartisan agreement that Fannie and Freddie should be shut down and the housing finance system overhauled, Democrats and Republicans remain at odds about how exactly to do it.

The proposal from Johnson and Crapo builds on bipartisan legislation unveiled last year by Sens. Mark Warner (D-Va.) and Bob Corker (R-Tenn.)

That bill, which has five Democratic and five Republican cosponsors on the banking committee, would try to reduce future risk to taxpayers from a housing downturn by requiring banks and other private firms that package mortgages into securities to hold at least 10 cents in capital for every dollar of the underlying loans to cover the first wave of losses.

A centerpiece of that plan would be a new agency, the Federal Mortgage Insurance Corp., that would collect fees from the industry and pay to cover losses on mortgage on mortgage securities after the 10% private capital behind the securities was paid out.

Johnson and Crapo endorsed the idea of the new agency.

Warner and Corker said they were pleased that the overhaul process was moving forward. And the Financial Services Roundtable, which represents large banks, called the principles from Johnson and Crapo "a positive step toward needed reform."

But House Republicans want to take a different approach. A bill passed by the House Financial Services Committee would gradually close Fannie and Freddie over five years but would not replace their role with any new government mortgage guarantee. That job would be left to the private sector.

Rep. Scott Garrett (R-N.J.), a key supporter of that bill, said he was pleased the Senate was moving on the issue but believed the House approach was the right one.

"The federal government's domination of the housing finance market has left taxpayers on the hook for trillions in mortgage guarantees," Garrett said.

Fannie and Freddie have become symbols of the financial crisis and the government has pumped a total of $187.5 billion into the two companies to keep them afloat since 2008.

But the rebound in the housing market has turned their finances around. Both companies are profitable and when first-quarter dividend payments are made will have sent the Treasury $204.9 billion, fully offsetting the government bailout's cost.

2014年3月19日水曜日

装備品修理部品押収 北朝鮮大使館員が関与か

北朝鮮への武器の輸出移動は、北朝鮮大使館員が関与の可能性とのこと。
 国連は、国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会下にある専門家パネル
がまとめた年次報告書を公表した。

年次報告書
・キューバでミサイル部品などを積み込み、昨年パナマで拿捕された
 北朝鮮籍の貨物船について、安保理制裁決議の違反だと断定。
・キューバやシンガポールの北朝鮮大使館が関与した可能性を指摘。
・拘束された船長のメモから、駐ハバナの複数の北朝鮮大使館員が積載
 武器の支払いなどに関与。
・貨物船の運航に関与した3企業の住所が、在シンガポールの北朝鮮大使館
 と同じ住所。
・役割が細分化されたネットワークが存在する。

国家公務員を総動員した北朝鮮の外貨獲得手法。
偽札の換金も大使だったし、武器移動の手続きも大使の仕事のようだ。

銀河3号の半導体部品は、英米スイス、中国の民生品のようだ。
最近、日本の半導体市場が減衰しているのも反映か。
日本政府の北朝鮮制裁に効果があったと言う人は少ないと思う。

国情院機密 JOEX経由で北朝鮮へ
銀河3号2号 リバースエンジニアリング
北朝鮮外交官 偽札数十億円換金
キューバ 装備品修理部品押収


---パナマが拿捕の貨物船、北朝鮮大使館員が関与---
2014年3月11日17時48分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20140311-OYT1T00766.htm

 【ニューヨーク=加藤賢治】国連は10日、国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会下にある専門家パネルがまとめた年次報告書を公表した。キューバでミサイル部品などを積み込み、昨年7月にパナマで拿捕(だほ)された北朝鮮籍の貨物船について、報告書は、北朝鮮への武器の輸出や移動を禁じた安保理制裁決議の違反だと断定。キューバやシンガポールの北朝鮮大使館が関与した可能性を指摘した。
 貨物船からは、分解されたミグ21戦闘機2機や地対空ミサイルの部品などが発見、押収された。報告書は、拘束された船長のメモから、駐ハバナの複数の北朝鮮大使館員が積載武器の支払いなどに関与していたと結論づけた。また、貨物船の運航に関与した3企業の住所が、在シンガポールの北朝鮮大使館と同じ住所だったと報告、制裁を逃れるため、役割が細分化されたネットワークが存在すると指摘した。


---北の長距離弾道ミサイルに米韓の部品 国連、制裁報告書を公表---
2014.3.11 12:09
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140311/kor14031112100002-n1.htm

 国連安全保障理事会は10日、北朝鮮制裁委員会で制裁違反を調べる専門家パネルの今年の報告書を公表した。北朝鮮が2012年12月に衛星運搬ロケット「銀河3号」として発射した長距離弾道ミサイルに、韓国製や米国製の民生品が使われていたと指摘している。
 報告書によると、米韓製のメモリー装置や米国製の汎用集積回路(IC)が部品として使われていた。旧ソ連や英国、スイス、中国で製造された民生品も確認された。
 報告書は、こうした事実が北朝鮮の「世界中から集められた部品を使い、複雑な(ミサイル)システムを組み立てる能力」を証明したと述べた。
 パナマが拿捕した北朝鮮貨物船、清川江号から大量の兵器が見つかった事件では、兵器を積み込んだキューバの北朝鮮大使館員が手続きなどに関わったと結論付けた。

2014年3月18日火曜日

クリミア独立か

クリミア議会がウクライナからの独立を採択した。
 ウクライナ南部クリミア自治共和国の議会は、同自治共和国のウクラ
イナからの独立を宣言する文書を賛成多数で採択した。同自治共和国と
セバストポリ特別市の住民投票でロシア編入が決まった場合、クリミアが
独立した主権国家になるとうたっている。

クリミアで住民投票があり、露への編入が支持された。

クリミア議会独立宣言
・住民投票でロシア編入への賛成が多数だった場合、その後にクリミアは
 主権を持った独立国家となる。
・独立国家としてロシア連邦に対し国家間条約に基づく構成体としての編入
 を求める。

プーチン政権
・ウクライナの新政権を承認しない。
・クリミアの民意を尊重する。

ウクライナ議会
・クリミア自治共和国が住民投票を中止する決定をしなければ同自治共和
 国議会を解散することを決議。

民主主義の手法で選出された元大統領を内乱でにより、罷免(?)し、新大統
領を選出したウクライナ議会。
ウクライナの政治体制は不明だが、新大統領をウクライナ議会が認めれば、
プーチンが何を言おうが、自治体であるクリミアが独立宣言しても、認知
はされない。ウクライナは独立紛争国(?)との見方になると思う。

露周辺国は、露からの燃料供給はかかせないため、パイプラインの問題が
再発しそう。アゼルバイジャンから伊へのガスパイプラインの開発は始ま
ったばかり。

クリミア編入を後押しする露へ制裁が始まったようだ。
英国は、財政破綻でURENCO株式売却なのに、約8000万ポンドの武器輸出を
中止しそう。米国は、一部関係者の銀行口座閉鎖。
露をNATOに参加させようとする時代もあったが、露は、また、対立したい
ようだ。

ベンガジ大使館事件を隠蔽したと言われるVictoria Nulandがウクライナ暴
動にも関与。新政府人事に関して内政干渉したようだ。
米国務省内の工作担当か。

露は軍事的拠点を手放せないため、クリミア独立を支援するのだろうが、
中央アジアやEUとの国境付近では、露の多数派と人種や宗教が異なるため、
分離独立を希望する民族が多い。露は分離独立を支持するのだろうか。
移民政策を進めた多くの国では、クリミア独立運動により、移民による
分離独立の機運が増し、国として維持できなくなる可能性もある。
保守派と移民が対立する一要因。
米国では、中韓等が母国からの指示で行動していると思われる報道が多く、
そのうち、独立国家となるか。

米露 MD配備対立でも協調関係を演出
NATO28カ国体制
対イラン向MD配備合意
サウジ大使暗殺計画 禁錮25年
ウクライナ暴動 政権崩壊へ
クリミア紛争か
USEC Files for Bankruptcy
US Military Human Resources 2013

)
News Ukraine crisis: CCTV shows Crimea parliament explosion BBC News REVI

)
U S diplomat's conversation about Ukraine leaked on Internet


---クリミア住民投票、96.8%がロシア編入支持-欧米は制裁警告---
更新日時: 2014/03/17 18:22 JST
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N2JKOF6K50XX01.html

 3月17日(ブルームバーグ):ウクライナ南部のクリミア自治共和国で16日実施されたロシアへの編入を問う住民投票では、編入への賛成が96.8%に上った。住民投票責任者のミハイル・マリシェフ氏が最終開票結果を明らかにした。米国と欧州連合(EU)はロシアに対し、クリミアを併合しないよう警告。冷戦終結後で最も緊迫した外交的にらみ合いが続く中、対ロシア追加制裁の発動が近づいている。
 マリシェフ氏によれば、選挙結果は特別市セバストポリを除いたもの。選挙管理委員会によれば、投票率は83.1%だった。EU外相らはブリュッセルでの会合で、ロシアによるクリミア実質掌握にかかわる人物や組織に対する査証発行禁止や資産凍結を決める見込み。EU当局者が明らかにした。
 EUのアシュトン外交安全保障上級代表は会合前に記者団に、「会合ではいわゆる住民投票について協議する。これは国際法とウクライナ憲法に照らして違法だ。EUは対応を検討する必要がある」と語った。
 ウクライナ政府と米国も今回の住民投票は違法との認識を示している。一方、ロシアは「国際法に完全に沿っている」という立場。米欧はロシアがクリミア併合の考えを捨てなければ制裁を強化する構えだが、ウクライナ政府によればロシアは国境に約6万人の兵力を集結させている。ウクライナ側はロシアとの国境を閉鎖し向こう15日間で最大1万5000人の志願兵を動員するとウクライナ政府当局者が16日述べた。
 ホワイトハウスは、国際社会は「ロシア軍の介入による暴力の脅しと威嚇の下で行われた住民投票の結果を認めない」との声明を発表。「ロシアの行動は情勢を不安定化させる危険なものだ。軍事介入と国際法違反によりロシアが払う代価は一段と大きくなる」と表明した。


---米、クリミア独立の手法は「ウクライナ憲法違反だ」---
2014.3.12 08:31
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140312/amr14031208320002-n1.htm

 【ワシントン=小雲規生】米国務省のサキ報道官は11日の記者会見で、ウクライナ南部クリミア自治共和国が検討しているウクライナからの独立について、「ウクライナ憲法に違反している」との見解を示した。
 サキ氏は、クリミアの将来に関する決定はウクライナ暫定政権と協議されなければならないとする米国の立場を改めて主張し、住民投票だけで独立を決めようとするクリミアと、後ろ盾になっているロシアの動きを牽制した。
 またサキ氏は、ケリー国務長官とロシアのラブロフ外相が同日朝に電話会談したことを明らかにした。両者は今後も協議を続けることで合意したという。


---米ロに依然隔たり=ウクライナ情勢で外相電話会談---
時事通信 3月12日(水)0時35分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140312-00000002-jij-int

 【ワシントン、モスクワ時事】ケリー米国務長官とロシアのラブロフ外相は11日、緊迫するウクライナ情勢をめぐり電話で会談した。米国務省のサキ報道官は記者会見で、事態の収拾に向けたロシアの前向きな反応はないと述べ、両国間の隔たりが狭まっていないことを明らかにした。
 ラブロフ外相はこの中で、ウクライナ南部のクリミア自治共和国が16日に行うロシア編入を問う住民投票について「国際法にのっとり、クリミア住民の自決権を尊重すべきだ」と強調。米側に住民投票の受け入れを求めた。
 報道官によると、ケリー長官はこれに対し「住民投票はウクライナの憲法に従ったものではない」と反論。その上で「(緊張を)拡大するいかなる措置も外交を困難にする」と重ねて警告した。 


---クリミア議会 独立宣言 議長「ウクライナに戻らぬ」---
2014.3.12 00:13
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140312/erp14031200140000-n1.htm

 【シンフェロポリ(ウクライナ南部)=内藤泰朗】ウクライナ南部クリミア自治共和国の議会は11日、同自治共和国のウクライナからの独立を宣言する文書を賛成多数で採択した。16日の同自治共和国とセバストポリ特別市の住民投票でロシア編入が決まった場合、クリミアが独立した主権国家になるとうたっている。
 「独立宣言」は、国連憲章と民族自決について規定した各種国際文書や、2010年にコソボのセルビアからの独立宣言を「合法」とした国際司法裁判所の判断にも言及。(1)ウクライナからの一方的独立が国際法に抵触しないと主張する(2)「独立国」となった後に国家同士が統合する体裁を整えることで「ロシアによる併合」との批判をかわす-などの狙いがありそうだ。
 議会はまた、クリミアが独立した場合にクリミア・タタール語の公用語化などを検討するとした決議も採択、ロシア編入に強く反対する少数派タタール系住民を取り込む構えも見せた。
 これに対し、ウクライナ議会は11日、クリミア自治共和国が12日までに住民投票を中止する決定をしなければ同自治共和国議会を解散することを決議した。
 しかし同自治共和国議会のコンスタンチノフ議長は「クリミアがウクライナに戻ることはない」と強調した。またフランス通信(AFP)によると、同自治共和国の親露派武装組織が11日、シンフェロポリにある国際空港を事実上封鎖した。モスクワ便に限り使用を認めるという。


---ウクライナ:クリミア親露派「いったんは独立国家に」---
毎日新聞 2014年03月11日 21時31分(最終更新 03月12日 02時39分)
http://mainichi.jp/select/news/20140312k0000m030101000c.html

 【モスクワ真野森作】ウクライナ南部クリミア半島のクリミア自治共和国とセバストポリ特別市の議会は11日、それぞれ16日に実施する住民投票でロシアへの編入方針が決まった場合、「いったんクリミアは独立国家になる」との宣言を採択し、共同発表した。この宣言は「住民投票の実施とロシア編入の法的手続きに必要」とされ、編入が実行される際にロシア側が正当性を主張するための準備的な動きとみられる。
 宣言文によると、(1)住民投票でロシア編入への賛成が多数だった場合、その後にクリミアは主権を持った独立国家となる(2)独立国家としてロシア連邦に対し国家間条約に基づく構成体としての編入を求める--とした。
 2008年に旧ユーゴのセルビアの自治州だったコソボが独立宣言した事例を挙げ、「コソボについて、国際司法裁判所(ICJ)が一方的な独立宣言が国際法に違反しないと承認したことに留意する」と記載している。
 クリミアのロシア編入は領土の帰属変更に該当し、国際法上、ロシアとウクライナの国家間合意が必要だ。プーチン政権はウクライナの新政権を承認せず、「クリミアの民意を尊重する」との立場をとっているが、自治体に過ぎないクリミアとの編入合意は違法との批判を免れない。
 今回の宣言により、住民投票後にウクライナから「分離独立」したクリミアとロシアが「国家同士」で編入を協議するとの体裁を整えた形だ。ウクライナの新政権や米欧諸国の反発は覚悟の上で、国際的に正当性を主張する論拠を確保しておこうとのロシア側の意図がうかがえる。
 クリミア自治共和国のコンスタンチノフ議長は11日、クリミアがウクライナに残ることは「あり得ない」との見解を述べた。ロシア通信が伝えた。
 また、AFP通信は、自治共和国の首都シンフェロポリの国際空港が11日朝からモスクワ便以外の使用が許可されない状態となっていると伝えた。
 一方、ロシア下院は11日、ロシア連邦への編入手続きを簡素化する法案の審議を21日から行うと決めた。


---英が対ロ武器禁輸 防衛協力凍結も視野に---
2014年3月11日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2014031102000233.html

 【ロンドン=石川保典】英国のキャメロン首相は十日の下院で、ウクライナのクリミア自治共和国に軍事介入したロシアへの武器輸出の見直しを命じたことを明らかにした。武器禁輸は欧州連合(EU)の対ロシア制裁措置として今後の検討対象になるとみられ、英国が先んじて独自に行うことになりそうだ。
 キャメロン氏は「(輸出されたものが)ウクライナで使用されるのはとても正当化できない」と述べた。英政府はこれまで、ロシアは人権状況に問題があると認識しつつも、武器輸出を容認。昨年だけでも輸出額は八千万ポンド(約百三十七億円)以上にのぼり、兵器のほか軍用機やヘリコプターの部品などを売却した。
 下院の武器輸出管理委員会のブルース委員長は「現状では武器輸出をやめるべきだ。信頼できない相手に武器を売ることは慎重でなければならない。ロシアは既にその部類になった」と英メディアに述べた。
 キャメロン氏はまた、ロシアとのすべての防衛協力も、凍結を視野に見直していることを明らかにした。


---ロシア派が強引な情報統制 外国人記者ら襲撃 東部でも住民投票の動き…---
2014.3.11 09:05
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140311/erp14031109070003-n1.htm

 【シンフェロポリ(ウクライナ南部)=内藤泰朗】ロシアが実効支配を確立しているウクライナ南部クリミア自治共和国で、親ロシア派による情報統制の動きが強まっている。外国人記者らへの襲撃が相次ぎ、西側の外交官も避難を始めているほか、自治共和国内のウクライナのテレビ放送は10日、完全に遮断された。
 インタファクス通信などによると、自治共和国のロシア編入を目指す最高会議(議会)のコンスタンチノフ議長は9日、クリミア駐留ウクライナ軍の「大部分を(自治共和国の)統制下に置いた」と述べた。
 さらに、自治共和国政府は8日、政府庁舎などの警備をする「自警団」に正式な地位を付与する式典を実施。同議長によると、「自警団」は、ロシア編入の是非を問う16日の住民投票後に自治共和国軍や警察に編入される可能性があるという。
 しかし、この「自警団」に取材中の報道関係者が暴行される事件が相次いでいる。軍港セバストポリ郊外の軍空港を取材中の数人の外国人カメラマンが7日夜、「自警団」に殴る蹴るの暴行を受けて病院に運ばれた。
 地元テレビによると、AP通信の取材班も8日、武装した「自警団」に壁に手を付けるよう命じられ、取材機器などを押収された。この様子を撮影していたブルガリア人記者も「自警団」に押し倒され、銃を頭に突き付けられて、撮影に使っていた携帯電話を奪われた。
 さらに、「自警団」は7日にテレビ塔を占拠、ロシアを批判するウクライナのテレビ放送2局の地上波放送を中断した。10日には、国営ウクライナ放送(UT-1)を含むすべてのウクライナ系テレビの放送が遮断された。
 自治共和国政府側は住民投票を前に、ロシアに批判的な報道に神経をとがらせており、検閲やジャーナリストらへの威嚇行為がエスカレートしているものとみられる。
 一方、ロシア系住民が多いウクライナ東部ドネツクでは9日、親ロシア派約7千人が集会を開き、ドネツク州の自治権拡大やロシア語公用語化を問う住民投票の実施を要求した。


---ウクライナが軍事演習を開始、ロシアは東部の混乱に警告---
更新日時: 2014/03/11 07:10 JST
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N287R16JTSEY01.html

 3月10日(ブルームバーグ):ロシア軍がクリミア半島の掌握を強め、ウクライナ東部が「無法状態」にあるとロシア外務省が警告する中、ウクライナは軍事演習を開始した。
 ウクライナ軍は部隊の戦闘即応能力を試していると、同国国防省が10日にウェブサイトで明らかにした。その上で、クリミアでの対立の平和的解決を同国政府は望んでいるとあらためて表明した。一方、ロシアはウクライナが東部の過激派を無視していると批判。ウクライナの首都キエフで暴動が発生して以降、クリミアの多数を占めるロシア人を守ると主張している。
 ウクライナによれば、クリミアではロシア軍1万9000人が展開されている。クリミアでは16日にロシアへの編入の是非を問う住民投票が実施される予定。
 キャメロン英首相はこの日、同国議会で「欧州でわれわれは過去70年間、平和維持に取り組んできた。歴史を見れば分かるように、国家が踏み荒らされている時に見て見ぬふりをすれば、問題を一層深刻化かつ長期化させる」とし、「われわれは侵略行為に対して立ち向かい、国際法を順守し、ウクライナ政府そして自らの将来を選択する自由を望むウクライナ国民を支援する必要がある」と述べた。
 ロシア軍がクリミアのミサイル部隊を掌握したと主張した上で、ウクライナは軍事演習を開始。ウクライナの国境警備隊によれば、ロシア軍は13カ所の国境検問所のほか、ケルチ海峡を経由してロシア側と往来するフェリーも占拠した。
 ウクライナのヤツェニュク首相は政府ウェブサイトで声明を発表し、同国はクリミアの自治権をめぐる追加の権利・権限について対話することができるが、「ロシアの銃口の下」では行わないと表明した。

ロシア軍兵士発砲か
 インタファクス通信によると、クリミアのバフチサライ近くでロシア軍兵士がウクライナの自動車化大隊を捕捉しようとして自動小銃を発砲した。インタファクスはウクライナ部隊司令部代表を引用して報じたが、名前は伝えていない。インタファクスによると負傷者はいない。
 ロシアのラブロフ外相は、ケリー米国務長官が危機緩和の方法を探るための訪ロを延期したことを明らかにした。ラブロフ外相はロシア・ソチでのプーチン大統領との会談で、ケリー長官が先週末の会談で提示した解決案への対案をまとめたと述べた。同外相はロシア案は「例外なく全てのウクライナ国民」の利益を考慮するものだと説明した。
 一方、米国務省のサキ報道官は電子メールで、米国は「ケリー長官が8日にラブロフ外相に提示した具体的な問題への返答を依然待っている」と表明。「ロシアがこれらの提案に関与する用意があるとの具体的な証拠が得られた場合、ウクライナ危機の緊張緩和策に絞ったさらなる協議」をケリー長官は歓迎するだろうと述べた。
 欧州外交評議会(ECFR)のアナリスト、ステファン・マイスター氏はロシアは恐らくウクライナ東部へ侵攻することはないだろうが、同地域の忠誠心を試す可能性があると指摘した。


---米天然ガス輸出政策、ウクライナ問題で変更の可能性低い=報道官---
2014年 03月 10日 09:36 JST
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYEA2900H20140310

[エアフォース・ワン機内 7日 ロイター] -米ホワイトハウスのアーネスト報道官は、米国がウクライナ問題に対応するために天然ガス輸出政策を変更する可能性は低いとの見方を示した。大統領専用機「エアフォース・ワン」機内で7日、記者団に語った。
 米国では数日前、複数の議員が、エネルギー省が行う液化天然ガス(LNG)輸出承認手続きを迅速化する法案を提出した。
 同報道官は、提案された政策変更がただちに実施されることはないと発言。欧州の天然ガス在庫は暖冬のため通常の水準を上回っているとし、「現状では当該地域で天然ガスが不足するリスクが大きいという兆候はない」と述べた。
 欧州とウクライナはロシア産ガスの主要輸出先。ロシアはこれまで、相手に圧力を掛ける目的でパイプラインを通じたガス供給を停止してきた。
 ロシアがウクライナ南部のクリミア半島を事実上掌握するなか、ロシア国営のエネルギー会社ガスプロムはウクライナ向け天然ガス価格の割引をやめる方針を発表した。
 ただ、米国産LNGの輸出拡大にはまだ数年かかる見通しであるうえ、ウクライナにはLNGを受け入れるターミナルがない。このため、米政府はウクライナに天然ガスの輸入先を分散させるよう働きかけている。


---露、米の制裁に対抗…核査察受け入れ停止へ---
2014年3月9日23時54分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20140309-OYT1T00471.htm

 【モスクワ=緒方賢一、キエフ=寺口亮一】インターファクス通信によると、ロシア国防省高官は8日、ウクライナ情勢を巡り米国が発令した制裁への対抗措置として、新戦略兵器削減条約(新START)に基づく米国からの核査察受け入れの停止を検討していると明らかにした。
 近く正式発表される可能性がある。
 国防省高官は、「査察団受け入れは、信頼醸成の一環であり、米国が事実上の制裁を宣言した以上、通常の2国間の交流はできない」と述べた。その上で、米国を盟主とする北大西洋条約機構(NATO)が、ロシアとの協力・交流の縮小を決めたことについて「非友好的な振る舞い」と批判した。
 核査察は、オバマ米大統領とメドベージェフ露大統領(当時)が2010年4月に署名した新STARTに基づいて、核ミサイルの製造や核爆弾の保管状況などを検証するため、米露が互いに年間18回まで実施できる。


---ウクライナ:「ガス紛争」再燃も 露、輸出停止に言及---
毎日新聞 2014年03月09日 09時00分
http://mainichi.jp/select/news/20140309k0000m030114000c.html

http://mainichi.jp/graph/2014/03/09/20140309k0000m030114000c/image/001.jpg
ロシアと欧州を結ぶ主な天然ガスパイプライン

 ウクライナ情勢を巡りロシアがウクライナ向けの天然ガス輸出を停止する可能性に言及したことで、両国の「ガス紛争」が再燃する可能性が出てきた。実際に停止されれば、ウクライナ経由でロシア産ガスの供給を受けている欧州諸国への影響も必至。ロシアの強硬姿勢は対露制裁を決めた欧州連合(EU)への対抗措置という側面もあり、ロシア産ガスに依存するEU側は対応を迫られそうだ。【モスクワ田中洋之、キエフ樋口直樹、ブリュッセル斎藤義彦】
 ロシア政府系天然ガス企業「ガスプロム」のミレル社長は7日、ウクライナ向けガスの2月分の支払いを期限だった同日になっても受け取っておらず、今年第1四半期の滞納金が計18億9000万ドル(約1950億円)に上ると指摘。滞納金の支払いがなければ、「(ガス供給が止まった)2009年初頭の状況に戻るリスクが出てくる」と述べた。
 ガスプロムは09年1月、滞納金の未払いなどを理由にウクライナ向けのガス供給を停止。ウクライナ経由でガス供給を受けていた欧州諸国も大混乱した。06年1月にも両国のガス供給契約更新をめぐる対立から同様の事態が起きていた。
 ロシアには当時、エネルギー輸出を武器に、ウクライナで親欧米路線を推進したユーシェンコ大統領を締めつける狙いがあったとされる。今回も親欧米のウクライナ新政権を揺さぶり、ロシアへの段階的制裁を決めたEUに「脅し」をかける狙いがあるのは明白だ。
 ガスプロムはウクライナのガス需要のほぼ半分を供給。ロシア産ガスは欧州全体の需要の約3分の1を満たしており、ウクライナは重要なパイプラインの通過国だ。ロシアはトラブルを起こしてきたウクライナやベラルーシを経由国から外すため、バルト海経由のパイプライン「ノルド・ストリーム」と黒海経由の「サウス・ストリーム」の建設を主導。ノルド・ストリームは既に稼働している。
 ロシアは欧州で重要な経済パートナーであるドイツには、ノルド・ストリーム経由でガスを供給しており、欧州を分断できるとの読みもある。これに対し欧州側は、ロシア産ガスへの過剰な依存を是正するため、トルコ経由でカスピ海地域の天然ガスを輸入する「ナブッコ・ライン」の建設を予定している。
 ガス備蓄量が最長4カ月分あると言われる西欧に比べ、ロシアへの依存度が大きいウクライナやハンガリー、ブルガリアなど東欧諸国はガス供給のストップにより深刻な影響を受けることになる。
 一方、EUはロシアがガス供給停止で脅してくることは織り込み済みで、ロシアが態度を軟化させなければ数日中に資産凍結や渡航禁止など第2段階の制裁を実施する方針だ。


---Ukraine crisis is about Great Power oil, gas pipeline rivalry---
Posted by Nafeez Ahmed
Thursday 6 March 2014 07.26 GMT
http://www.theguardian.com/environment/earth-insight/2014/mar/06/ukraine-crisis-great-power-oil-gas-rivals-pipelines

Resource scarcity, competition to dominate Eurasian energy corridors, are behind Russian militarism and US interference

Russia's armed intervention in the Crimea undoubtedly illustrates President Putin's ruthless determination to get his way in Ukraine. But less attention has been paid to the role of the United States in interfering in Ukrainian politics and civil society. Both powers are motivated by the desire to ensure that a geostrategically pivotal country with respect to control of critical energy pipeline routes remains in their own sphere of influence.

Much has been made of the reported leak of the recording of an alleged private telephone conversation between US assistant secretary of state Victoria Nuland and US ambassador to Kiev Geoffrey Pyatt. While the focus has been on Nuland's rude language, which has already elicited US apologies, the more important context of this language concerns the US role in liaising with Ukrainian opposition parties with a view, it seems, to manipulate the orientation of the Ukrainian government in accordance with US interests.

Rather than leaving the future of Ukrainian politics "up to the Ukrainian people" as claimed in official announcements, the conversation suggests active US government interference to favour certain opposition leaders:

    Nuland: Good. I don't think [opposition leader] Klitsch should go into the government. I don't think it's necessary, I don't think it's a good idea.

    Pyatt: Yeah. I guess... in terms of him not going into the government, just let him stay out and do his political homework and stuff. I'm just thinking in terms of sort of the process moving ahead we want to keep the moderate democrats together. The problem is going to be Tyahnybok [Oleh Tyahnybok, the other opposition leader] and his guys and I'm sure that's part of what [President Viktor] Yanukovych is calculating on all this.

    Nuland: [Breaks in] I think Yats is the guy who's got the economic experience, the governing experience. He's the... what he needs is Klitsch and Tyahnybok on the outside. He needs to be talking to them four times a week, you know. I just think Klitsch going in... he's going to be at that level working for Yatseniuk, it's just not going to work.

    [...]

    Nuland: OK. He's [Jeff Feltman, United Nations Under-Secretary-General for Political Affairs] now gotten both [UN official Robert] Serry and [UN Secretary General] Ban Ki-moon to agree that Serry could come in Monday or Tuesday. So that would be great, I think, to help glue this thing and to have the UN help glue it and, you know, Fuck the EU.

    Pyatt: No, exactly. And I think we've got to do something to make it stick together because you can be pretty sure that if it does start to gain altitude, that the Russians will be working behind the scenes to try to torpedo it.

As BBC diplomatic correspondent Jonathan Marcus rightly observes, the alleged conversation:

    "... suggests that the US has very clear ideas about what the outcome should be and is striving to achieve these goals... Washington clearly has its own game-plan.... [with] various officials attempting to marshal the Ukrainian opposition [and] efforts to get the UN to play an active role in bolstering a deal."

But US efforts to turn the political tide in Ukraine away from Russian influence began much earlier. In 2004, the Bush administration had given $65 million to provide 'democracy training' to opposition leaders and political activists aligned with them, including paying to bring opposition leader Viktor Yushchenko to meet US leaders and help underwrite exit polls indicating he won disputed elections.

This programme has accelerated under Obama. In a speech at the National Press Club in Washington DC last December as Ukraine's Maidan Square clashes escalated, Nuland confirmed that the US had invested in total "over $5 billion" to "ensure a secure and prosperous and democratic Ukraine" - she specifically congratulated the "Euromaidan" movement.

So it would be naive to assume that this magnitude of US support to organisations politically aligned with the Ukrainian opposition played no role in fostering the pro-Euro-Atlantic movement that has ultimately culminated in Russian-backed President Yanukovych's departure.

Indeed, at her 2013 speech, Nuland added:

    "Today, there are senior officials in the Ukrainian government, in the business community, as well as in the opposition, civil society, and religious community, who believe in this democratic and European future for their country. And they've been working hard to move their country and their president in the right direction."

What direction might that be? A glimpse of an answer was provided over a decade ago by Professor R. Craig Nation, Director of Russian and Eurasian Studies at the US Army War College's Strategic Studies Institute, in a NATO publication:

    "Ukraine is increasingly perceived to be critically situated in the emerging battle to dominate energy transport corridors linking the oil and natural gas reserves of the Caspian basin to European markets... Considerable competition has already emerged over the construction of pipelines. Whether Ukraine will provide alternative routes helping to diversify access, as the West would prefer, or 'find itself forced to play the role of a Russian subsidiary,' remains to be seen."

A more recent US State Department-sponsored report notes that "Ukraine's strategic location between the main energy producers (Russia and the Caspian Sea area) and consumers in the Eurasian region, its large transit network, and its available underground gas storage capacities", make the country "a potentially crucial player in European energy transit" - a position that will "grow as Western European demands for Russian and Caspian gas and oil continue to increase."

Ukraine's overwhelming dependence on Russian energy imports, however, has had "negative implications for US strategy in the region," in particular the strategy of:

    "... supporting multiple pipeline routes on the East-West axis as a way of helping promote a more pluralistic system in the region as an alternative to continued Russian hegemony."

But Russia's Gazprom, controlling almost a fifth of the world's gas reserves, supplies more than half of Ukraine's, and about 30% of Europe's gas annually. Just one month before Nuland's speech at the National Press Club, Ukraine signed a $10 billion shale gas deal with US energy giant Chevron "that the ex-Soviet nation hopes could end its energy dependence on Russia by 2020." The agreement would allow "Chevron to explore the Olesky deposit in western Ukraine that Kiev estimates can hold 2.98 trillion cubic meters of gas." Similar deals had been struck already with Shell and ExxonMobil.

The move coincided with Ukraine's efforts to "cement closer relations with the European Union at Russia's expense", through a prospective trade deal that would be a step closer to Ukraine's ambitions to achieve EU integration. But Yanukovych's decision to abandon the EU agreement in favour of Putin's sudden offer of a 30% cheaper gas bill and a $15 billion aid package provoked the protests.

To be sure, the violent rioting was triggered by frustration with Yanukovych's rejection of the EU deal, along with rocketing energy, food and other consumer bills, linked to Ukraine's domestic gas woes and abject dependence on Russia. Police brutality to suppress what began as peaceful demonstrations was the last straw.

But while Russia's imperial aggression is clearly a central factor, the US effort to rollback Russia's sphere of influence in Ukraine by other means in pursuit of its own geopolitical and strategic interests raises awkward questions. As the pipeline map demonstrates, US oil and gas majors like Chevron and Exxon are increasingly encroaching on Gazprom's regional monopoly, undermining Russia's energy hegemony over Europe.

Ukraine is caught hapless in the midst of this accelerating struggle to dominate Eurasia's energy corridors in the last decades of the age of fossil fuels.

For those who are pondering whether we face the prospect of a New Cold War, a better question might be - did the Cold War ever really end?

2014年3月17日月曜日

懲戒請求呼びかけ 論評の域

懲戒請求を呼びかけは論評とのこと。
 山口県光市の母子殺害事件の弁護団だった弁護士19人が、橋下徹氏と
読売テレビを相手取り、「テレビ番組で懲戒請求を呼びかけられ、名誉
を傷つけられた」などとして総額1億1500万円の損害賠償などを求めた
訴訟の控訴審判決が、広島高裁であった。

最高裁判決
・2007年 弁護団の4人が橋下氏を相手取って提訴。
・2011年 最高裁判決 橋下氏の逆転勝訴。
     軽率な言動だが違法とまで言えない。

広島高裁判決
・2009年 弁護団19人が提訴。
・請求を退けた1審・広島地裁判決を支持し、弁護士側の控訴を棄却。
・橋下氏の発言は弁護活動を批判するための表現に過ぎず、論評の域を
 逸脱したものとは言えない。

弁護がうまかったのか、「懲戒請求」が弁護士と裁判官では重みが異な
るのかもしれない。
裁判官によると「弁護活動を批判した論評」とのことだから、死刑擁護派
なのか、国民の意図を組んだのか。
言葉遣いが難しくて意図が不明瞭、深い意味はないのか。
勢いにのって「ハシシタ」記事でも提訴。勝てそうか。

市長の戸籍を不正アクセスした市役所職員の件で、市長は市民に謝罪する
のか。

橋下徹発言「弱者は切捨てる」「皆兵制復活」
トヨタが金で買う内部告発者名
テレビの中の腐ったみかん
1000% そのまんまパンダ


---橋下氏が朝日新聞出版提訴 出自記事、新潮と文春も---
2014.3.13 08:29
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140313/waf14031308320001-n1.htm

 日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長を辞職)が、自身の出自を題材にした記事で名誉を傷つけられたとして、朝日新聞出版と新潮社、文芸春秋の3社に損害賠償を求め、大阪地裁に今月、提訴していたことが12日分かった。
 朝日新聞出版が発行する「週刊朝日」は平成24年10月、ノンフィクション作家、佐野真一氏と取材班による同和問題を絡めた連載記事「ハシシタ 奴の本性」を掲載。
 橋下氏は「血脈主義、身分制に通じる恐ろしい考え方だ」と反発し、親会社の朝日新聞の取材を一時拒否。連載は打ち切りとなり編集長が更迭された上、朝日新聞出版社長は引責辞任したが、橋下氏は「報道機関だからといって免罪符を得るわけではない」と提訴する考えを示していた。
 新潮社と文芸春秋もそれぞれ週刊新潮、週刊文春に橋下氏の出生に関する特集記事を掲載。橋下氏が内容を問題視していた。朝日新聞出版は取材に「訴状が届いておらず現段階では何も言えない」と回答。文芸春秋は「訴状を精査し粛々と対応する」、新潮社は「訴状を確認して対応を考えたい」とコメントした。


---橋下氏懲戒呼びかけ、母子殺害弁護団の控訴棄却---
2014年2月28日14時11分  読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20140228-OYT1T00643.htm

 山口県光市の母子殺害事件の弁護団だった弁護士19人が、橋下徹氏(大阪市長を辞職)と読売テレビ(大阪市)を相手取り、「テレビ番組で懲戒請求を呼びかけられ、名誉を傷つけられた」などとして総額1億1550万円の損害賠償などを求めた訴訟の控訴審判決が28日、広島高裁であった。
 小林正明裁判長は、請求を退けた1審・広島地裁判決を支持し、弁護士側の控訴を棄却した。
 昨年4月の1審判決は「橋下氏の発言は弁護活動を批判するための表現に過ぎず、論評の域を逸脱したものとは言えない」とした。
 この発言を巡っては、07年に弁護団の4人が橋下氏を相手取って提訴。1、2審は橋下氏に損害賠償を命じたが、11年の最高裁判決は「軽率な言動だが違法とまで言えない」とし、橋下氏の逆転勝訴が確定した。19人は09年に提訴した。


---光母子殺害:2審も賠償認めず…橋下氏の懲戒請求呼びかけ---
毎日新聞 2014年02月28日 13時44分(最終更新 02月28日 14時41分)
http://mainichi.jp/select/news/20140228k0000e040243000c.html

 山口県光市の母子殺害事件で、橋下徹弁護士(前大阪市長)がテレビ番組で被告の弁護団に対する懲戒請求を呼びかけたことを巡り、弁護団だった弁護士19人が橋下氏と放送した読売テレビ(大阪市中央区)に総額約1億1500万円の損害賠償と謝罪広告を求めた訴訟の控訴審判決が28日、広島高裁であった。小林正明裁判長は請求を棄却した1審・広島地裁判決を支持、原告の控訴を退けた。
 判決によると、橋下氏は政治家になる前の2007年5月、読売テレビの番組「たかじんのそこまで言って委員会」で、光市事件の被告の元少年(32)=12年3月に死刑確定、再審請求中=の弁護団を批判。「許せないと思うなら、一斉に弁護士会に懲戒請求をかけてもらいたい」と発言した。
 1審判決では「(橋下氏の発言は)原告を中傷するものとまではいえず、弁護活動に対する批判の域を超えるものともいえない」と指摘。「放送の発言の中に人身攻撃に及ぶような表現は認められない」と判断した。
 橋下氏の発言を巡っては、弁護団の別の弁護士4人が07年9月、橋下氏に損害賠償を求めて提訴した。1、2審とも賠償を命じたが、最高裁は11年7月、原告の請求を棄却。橋下氏の逆転勝訴が確定した。【黄在龍】


---大阪市:橋下市長戸籍閲覧 相次ぐ市職員の不正アクセス---
毎日新聞 2014年02月24日 22時47分
http://mainichi.jp/select/news/20140225k0000m040107000c.html

 大阪市は24日、大正区と淀川区の両区役所で窓口サービス課の戸籍担当職員2人が、戸籍情報システムを使って橋下徹市長らの戸籍を業務と関係なく閲覧していたと発表した。大阪市では市職員による行政情報への不正アクセスが相次いでいる。昨年10月には上司のパスワードで庁内ネットワークに侵入したとして男性職員が不正アクセス禁止法違反で立件され、懲戒免職になったばかり。今回はアクセス権限のある担当職員2人の不正で問題は根深く、市はアクセス状況をチェックできる仕組みの検討に入った。
 市によると、大正区の男性職員は2010年8月から不正閲覧が常態化していたが、同僚は誰も気付かなかったという。職員は会話をした同僚や思い浮かんだ有名人らを戸籍情報システムで検索。市は検索数を「1日平均2件ぐらい」と推測するが、確認には時間がかかるという。
 市では過去に同僚のパスワードで人事資料を見るなどの市職員の不正アクセスが発覚。市の担当者は「今回は権限を持つ職員による不正で防ぎようがない」と話す。
 市は情報システムの改良も検討するが、変更時期は未定だ。担当者は「アクセス記録が残り、不正はできないと職員に周知徹底するしかない。抜き打ち調査も検討している」と話す。【重石岳史】